1月15日、代々木第一体育館にて『Bリーグ・オールスターゲーム』の実施が決定!

2016/11/15
Bリーグ&国内
197

14日は『イーストアジア・クラブチャンピオンシップ』を開催

Bリーグ初となるオールスターゲームの開催が発表された。年明け1月15日、代々木第一体育館での開催となる。

Bリーグは開幕戦に引き続き、『BREAK THE BORDER』のコンセプトの下で、「SNS連動」、「女子マネージャー」、「ドラフト制」といった新機軸を打ち出した。面白いのは『東vs西』での対決ではなく、ファン選出による12名を公開ドラフトでチーム分けして対戦することだ。また、『選手選出SNS枠』を導入してSNSで影響力の大きい選手を参加させたり、『ソーシャルリスニング』としてファンの意見を取り入れる試みも行う。

女子マネージャーとして参加するのは安田美沙子とマギー。リーグ開幕前からバスケットボールの盛り上げに貢献してきた2人が、両チームの一員としてベンチに入る。

今日の会見には中高6年間バスケ部だった安田美沙子が登場し、「中高の時と同じように、選手やファンの方に『青春』を感じてもらいたいと思います。一生懸命やります!」と抱負を語った。

出場選手のファン投票期間は11月19日から12月4日まで。B1全選手からファン投票で12名(日本人選手8名、外国籍選手4名)を選出し、12月5日に『チーム分け公開ドラフト』を実施。Bリーグが選出した2名のヘッドコーチがドラフトにてチーム分けを行う。

「本場NBAではドラフトが行われています。ファンの方々からの『ドラフトが見てみたい』という意見を、今回は取り入れることにしました」と大河チェアマンは語る。

ここでファン投票の12名を、2チーム6名ずつに分けた後、各チームにリーグ推薦の5名を加える。各チーム最後の1名はファンによるSNS投票で決まり、1チーム12名、計24選手のオールスター出場選手が決まる。

また、オールスター前日の1月14日には、同じく代々木第一体育館で『イーストアジア・クラブチャンピオンシップ』が実施される。韓国KBLの強豪、安養KGCと、Bリーグの昨シーズン王者が対戦するこの試合。Bリーグからは、昨シーズンのNBL王者である川崎ブレイブサンダースと、bjリーグ王者のうち、11月末時点での勝率の高いチームが参戦する。