田口成浩、『覚悟』の移籍を語る(後編)「盛り上げて信頼される選手になりたい」

2018/07/05
Bリーグ&国内
4283

文=鈴木健一郎 写真=古後登志夫

6月28日、千葉ジェッツは田口成浩の獲得を発表した。秋田ノーザンハピネッツ一筋、フランチャイズプレーヤーの突然の移籍に、誰もが驚いたに違いない。ある意味、最も移籍しそうにない選手が動いたと言える。『秋田の顔』だった田口には、移籍を決断するまで多くの葛藤があったに違いない。移籍に至る心の動き、そして新天地での意気込みを聞いた。

田口成浩、『覚悟』の移籍を語る(前編)「自分の決断に責任を持ち行動するだけ」

「躍動感溢れるトランジションバスケットが僕は好き」

──秋田県庁での会見では故郷を去る苦しい気持ちがクローズアップされて、田口選手が涙を流すシーンもありました。それでも今回の移籍は誰かに強要されたわけではなく、自分で選んだものですから、新天地でのことを考えるとワクワクする気持ちもあるんですよね。

もちろんです。移籍して環境を変えること自体が初めての経験なので、正直そこは不安だらけですけど、これから何が起こるかすごく楽しみです。もう移籍すると決めて発表したので、今さらビビって「すいません、やめます」とも言えません。もう覚悟は決めたので、千葉で結果を残して秋田の人たちに納得してもらうのはもちろん、全国のバスケファンの皆さんに「田口って移籍して良かったな」と思ってもらえるように頑張るつもりです。

──自由交渉リストに載って、オファーはたくさん来ましたか?

ありがたいことに、来ました。詳しい内容は分からなかったりもしますが、田口というプレーヤーを評価してくださる方がいることは自信になりました。

──その中から千葉ジェッツを選んだわけですが、決め手になったのは……お金?(笑)

お金じゃないです(笑)。昨シーズンはB1の試合をたくさん見たんですが、一番たくさん見たのが千葉でした。やっぱりスピードがあって、躍動感溢れるトランジションバスケットが僕は好きなんです。秋田に入った時に中村和雄さんから教えてもらったのがスピードのあるバスケで、それで見ている人を魅了するんだと。その教えが常に僕の中にあって、速いバスケットを意識してきました。そういった中で日本一のガードもいますし、そこから走って3ポイントシュートとか、自分がどんなプレーをするか想像して、単純に気持ち良いだろうなと思っていました。

──富樫勇樹選手とは公私ともに仲が良いですが、それは移籍の後押しになりましたか?

いや、それは関係ないですね。富樫がいるから千葉に行く、という決断ではないので。もちろん、決まった今は「久々に富樫とプレーできるのはうれしいな」とは思いますけど。特に相談もしませんでした。でも移籍が決まった後には「ここに住め」ということだと思いますけどマンションの物件情報が送られてきたので、そこにしようかなと(笑)。

──千葉から田口選手に対しては、どんな期待をかけられていますか?

島田(慎二)代表からは僕の3ポイントシュートだったりディフェンスでのハッスルだったり、熱いキャラクターに期待していると言葉をかけてもらいました。ワンプレーで流れを変えられる選手が必要だということも。僕は思い切ってやるタイプなので、そこは盛り上げて信頼される選手になっていきたいです。

「千葉の試合をもっと楽しい空間にするつもりで」

──チーム内競争を望んで飛び込んで来るようなものなので、覚悟はできていると思いますが、千葉のシューティングガードのポジションは層が厚く、そう簡単にプレータイムは勝ち取れないはずです。2番ポジションの争いをどう見ていますか?

石井(講祐)さんはまさに曲者ですよね。ディフェンスは激しいし、相手にとって嫌なところでシュートを決めるし。ピック&ロールからのクリエイトもできるし、そもそもシュートが入る選手は強いです。原(修太)ちゃんは強靭な肉体があってハッスルできて、キャッチ&シュートがあります。アキ・チェンバースは昨シーズン終盤はずっとスタメンでプレーしたし、SR渋谷の頃ですけど僕がマッチアップされて一番嫌なディフェンスをする選手でした。しかも今はアウトサイドのシュート確率も上がっているんだからすごいですよ。

でも、この中で戦うことに意味があると僕は思っています。結果が出なければ試合に出れないし、結果を出したら使ってもらえる、それだけです。そこで自分がどうプレーしたいのか、どんなプレーを求められるのか。それはこれから考えますが、楽しみでしかないです。もちろん、こんなレベルの高い競争に飛び込むのは勇気がいりますけど、そこで戦う覚悟はできています。

──田口選手は『秋田の顔』でしたが、Bリーグ全体の人気者でもあります。千葉のファンはもちろん、今回の移籍がどうなるのか興味を持って見守っているバスケットボールファンにメッセージをお願いします。

秋田を離れることは覚悟の決断でした。だからこそ、自分の夢に向かって何をしなきゃいけないのかをまず必死に考えます。だからファンの皆さまには、田口はこういう気持ちで千葉に来たんだなと思って見ていてください。本当に中途半端な気持ちじゃないです。でも、それを言葉じゃなくプレーで見せることがまず一番大事なことだと思っています。

千葉ジェッツのブースターの皆さまとは、これから一緒に戦うことになります。外から見ていても、たくさんの人が来て試合も盛り上がっているのを見てきました。自分が入ることで千葉の試合をもっと盛り上げる、もっともっと楽しい空間にするつもりでやります。千葉にはもちろん、富樫や(小野)龍猛さん、石井さんに原ちゃん、いっぱいすごい選手がいますけど、その中でも「田口選手を見に行きたい」、「おいさー聞きたい」と思ってもらえるように頑張ります。

──ちなみに「おいさー」ですが、移籍を機に封印して新しいものを考えるつもりは?

ないない、愚問です。おいさーが頼りですから、これは変えません(笑)。とにかく、これから千葉ジェッツをもっと盛り上げられるよう、すべての試合で心を込めて、「田口、よく来てくれた」と言ってもらえるように全力でプレーします。どうぞこれから、よろしくお願いします!