福岡大学附属大濠を引っ張る3年生コンビ、針間大知&大澤祥貴「僕たちがいかに声を出してチームに働きかけていくか」

福岡大学附属大濠を引っ張る3年生コンビ、針間大知&大澤祥貴「僕たちがいかに声を出してチームに働きかけていくか」

2021/06/05 10:00
針間大知&大澤祥貴

昨年のウインターカップで福岡大学附属大濠は東山に敗れ、3回戦で姿を消した。新型コロナウイルスの感染拡大によりインターハイがなかった年だけに、この大会に懸ける意気込みは強く、関西大学北陽に快勝して勢いはあったものの、東山に圧倒された。その悔しさを晴らすべく、キャプテンの大澤祥貴とエースの針間大知は燃えている。ポテンシャルのあるチームであることを自覚し、だからこそ「自分たち3年生がチームを引っ張る」と強い責任感を持っている。

大澤祥貴「自分がキャプテンになったからには絶対に日本一になる」

──大濠トロージャンズに入学したきっかけと、チームに入ってのここまでの歩みを教えてください。

大澤 中学の頃から大濠へのあこがれがあったので、片峯先生から声を掛けてもらった時点で大濠への進学は自分の中ではすぐ決めました。伝統があるチームなので、入学当初は緊張ばかりでなかなか自分を出せず、思い通りのプレーができないこともあったんですけど、2年生、3年生になるにつれて自分の活躍の場ができて、今はとても充実したバスケ生活ができていますし、大濠を選んで本当に良かったと思っています。去年のウインターカップでは悔しい思いをしているので、今年は自分がキャプテンになったからには絶対に日本一になる、そういう気持ちで今は毎日の練習に励んでいます。

針間 中学の先生から大濠を勧められたのがきっかけです。最初は他の高校と迷っていたのですが、片峯先生と話して情熱を感じて、このチームでプレーしたいと思うようになりました。大澤と同じで1年の頃は先輩への遠慮もあって自分らしいプレーが出せず、ケガもあって結構苦しい思いをしたんですけど、今は自分が点を取ってチームを引っ張るつもりで頑張っています。大澤はキャプテンですけど僕は『食トレリーダー』を任されていて、みんなにしっかりご飯を食べさせる役割です。

──お互いがどんなプレーヤーか紹介してもらえますか?

大澤 大知はドライブの強さ、フィニッシュの強さがある選手で、自分にはそれがないから結構あこがれている部分があります。ディフェンスでもよく頑張って抜かれずに耐えたりする力があります。でも課題は自分のプレーが上手くいかない時にすぐカッとなって雑になること。自分でも分かっていると思うけど、インターハイとウインターカップに向けてそれは直さないといけないよね。

針間 直すように意識してはいますけど、カッとなってしまうとなかなか難しいです。祥貴はここぞという時に決めてくれるシューターで、特に最近は結構入っているので期待しています。自主練のシューティングでもムーブを入れてのシュートだったり工夫しながらめっちゃやってるのを見ているから、試合中も信頼してパスが出せます。でもプレーの時、というかアップの時に声が大きすぎてうるさい。あんまり近くにいたくないです(笑)。

大澤 チームにとって声を出すのが大事なので、みんな声を出せばいい話!(笑) 大知が偉いのは身体の強さです。食トレリーダーを任されているように、練習だけじゃなく身体付きを強くすることをいつも意識して、食事もウエイトトレーニングもしっかり頑張っています。身体が強いのは、それがあるからだよね。褒めてばかりだから言いますが、バスケ以外だと『かまちょ』すぎ。朝起きてすぐとか寝る前の寮での絡みが面倒くさい。眠たい時とか集中している時にめっちゃ絡んでくるんです。

針間 テンション高い時って楽しいんよ。その場のノリだから直してって言われても直せない。

大澤 僕は寮に帰ったらまず韓ドラ、そして寝る。その計画を邪魔されると結構ストレスやけん……。

針間 それはごめん。でも寮で僕がやるのは1に食トレリーダー、2にみんなとのコミュニケーションで、どちらも大事だと思ってます。僕なりのコミュニケーションの取り方に対してそこまで言われると正直傷つくから、そこは大人になって受け入れてほしい!

大澤 だったら、ちょっと受け入れる方向性を入れつつ本当に無理だったら言うから、その時は引いて(笑)。

針間大知

針間大知「小さなことの積み重ねが最後に大きな結果を作る」

──2人とも3年生になって、『自分の代』の大濠をどんなチームにしたいですか?

大澤 去年のウインターカップでの負けは、日頃の練習の甘さが大舞台で出たと思っています。自分たちでやることが大事なのに、やれと言われたことをやるだけで自主性が足りず、本当に強いチームになれませんでした。先生に指摘される前に自分たちで気付いて動けるチームになる、そのためにはキャプテンの自分が一番に気付いて声を掛けて、それに3年生がついてきてくれて、2年生と1年生を引き上げる。そうやって自主的にやるところに先生がアドバイスをくれる、というチームになれば絶対に強いと思います。

針間 一人ひとりのチームに対する貢献度が足りていないと思いました。それはターンオーバーをしたら全力でハリーバックするとかの小さなことなんですけど、その積み重ねが最後に大きな結果を作ると思います。去年はそういうことができていなかった。コートの中でも外でも、一人ひとりがチームにもっとプラスになるように働きかける、その意識がすごく大事だと思います。

大澤 確かに、この間の遠征でも最近の練習でも先生に「ボールに対しての執着心がない」と指摘されています。それを言われる前に自分たちで気付いて直さなきゃダメなのですが、分かっているけどなかなか改善できない部分ではあります。

針間 チーム全員が献身的に動けるようになるには、やっぱり自分たちがもっと働きかけないといけないです。それは練習中だけじゃなく、コート外での自主練でも同じ。1年生はまだ入ったばかりで分からないことばかりだろうし、チームが一つにまとまるには自分たちがまずやらなきゃいけないです。

大澤 ウチには留学生がいないし、190cm台も何人かはいますが、相手の留学生一人に潰されてしまう状況もあり得るので、自分たちは小さいという意識を持たなきゃいけない。小さいチームがルーズボールで負けたり簡単にリバウンドを取られたら到底勝てないから、練習からもっと泥臭さを体現して、そうする選手が増えていくことでチーム全体に泥臭さが身に着くんだと思います。僕も大知も、3年生がまずそれを体現しないといけないです。

──針間選手は「エースになるつもりで大濠に来た」と言っていました。3年生になって、その自信はいかがですか。

針間 自覚はありますし、点も取っています。でも最近の大学生との試合ではパーセンテージが低くて、得点が伸びる試合は打っているシュートの本数も多くて、そこでパーセンテージが上がらないから点を取っていても負ける感じになっています。周りにもっとパスを回してバランスの良いオフェンスをやるべきなんじゃないか、というのは結構悩んでて、個人としてもチームとしてもプレースタイルを模索しているところです。周りからは評価してもらっていますが、自分では良くないわけじゃないけど微妙というか。

大澤 攻めようと思えばいつでも攻めることはできるけど、それを我慢しながらあえて周りを使うプレーをやっているのは僕が見ていても分かります。悩んでいるかもしれないけど、そうやって成長しようとしている部分は頼もしいです。自分で点を取ることに加えて周りも使えれば本当にすごいオフェンスの核になれるから、頑張ってほしい。

大澤祥貴

「福大大濠が一番カッコいい! と思ってもらえるようなチームになりたい」

──川島悠翔選手が入学して、1年生ながらプレータイムをもらって活躍しています。彼をどう評価していますか?

大澤 ポテンシャルが本当にすごいです。入学前に練習に来た時に「ダンクやってみてよ」と軽く言ったらアップもないまま軽く両手でダンクして、素直に「すげえ!」って(笑)。今も練習中からダンクもガンガンやりますし、すごい選手が来たと思います。

針間 僕も初めて悠翔を見たのは練習参加の時なんですけど、びっくりさせられました。4対4で悠翔がドライブに来たのでブロックに跳んだら、その上からダンクを叩き込まれて「バスケやめようかな」とちょっとだけ思いました(笑)。それぐらい規格外の能力を持っている選手です。でも入学したら自分から分からないことを先輩に聞いて、吸収しようとする姿勢もすごくあるし、将来どんな選手になるのか楽しみです。

大澤 まだ1年生なので体力的にもメンタル的にも不十分なところはあって、練習を見ていてもキツいだろうなと思うシーンもあります。僕らは日本一を目指しているので、チームが目標を果たすためにも自分たちが悠翔をどうフォローしてあげられるかは大事です。そういう意味では悠翔はただ思い切って、派手なプレーを頑張ってくれれば大丈夫。泥臭いところは僕たちがやります。

針間 私生活だとのほほんとしています。学校で会うと「おう!」とか言って手を振ってきたり。かわいい後輩です(笑)。

大澤 寮だと不思議なところもあるけど、一緒に岩盤浴に行ってテレビを見ながら話したり、結構親しくやってます。

──それでは最後に、チームとして、また個人としての今年の目標を教えてください。

大澤 去年の先輩たちの分まで頑張って、今年はその借りを返して絶対に日本一にならないといけないと強く感じています。その力はあると思っているので、3年生がチームをどう引き上げるか。自分たちがいかに声を出してチームに働きかけていくか。そこを自分中心に頑張っていきたいです。チームが苦しい時はこれからたくさんあると思うんですけど、僕はキャプテンとして絶対めげずに、常に前を向いて声を出してチームを引っ張っていきたい。誰からも信頼されて、トロージャンズの一員で良かったとみんなが思えるようなキャプテンになりたいです。

針間 チームの目標は日本一で、今のメンバーで本気でやれば日本一になれると思っています。僕の目標はチームを勝たせる選手になること。去年のウインターカップの東山戦のように流れが悪くなった時に、自分のワンプレーで流れを持ってくるような働きがしたいです。どこからも点が取れる選手、チームを勝たせる選手になります。トロージャンズの練習や試合を見てくれる人を感動させられる、勇気を与えられるようなプレーをしたいし、そんなチームになりたいです。そのために一生懸命頑張ります。

大澤 トロージャンズとしては『日本一カッコいいチーム』になることを目標に掲げているので、コートの中でも外でも、誰が見ても「福大大濠が一番カッコいい!」と思ってもらえるようなチームになりたいです。自分がまず体現するのが大事で、それができれば絶対強いチームになると思っています。一番を目指して頑張ります。

コメントを残す

RECOMMEND