WCプレビューvol.08大阪学院(大阪)髙田知毅&田中透希「誰かが点を取って、また次に誰か点を取る全員バスケが強み」

2017/12/09
プレーヤー
748

取材・写真=古後登志夫 構成=鈴木健一郎

[INDEX]ウインターカップ2017プレビュー 出場校インタビュー

「全員でディフェンスをして全員で攻める」

──バスケを離れた普段の高校生活ではどんな生徒ですか?

髙田 授業は積極的に受けるようにしているし、勉強もしています。3年生の中ではまだ成績が良い方です。勉強する意識はありますけど、高校生なので寝る時は寝てしまいます(笑)。

田中 僕は自分ではそんなに悪いと思ってなくて、成績は中の中くらいです。授業は割とちゃんと受けていますが、基本的にはバスケットのことしか考えてないです(笑)。

──お互いの良いところを紹介してもらえますか?

髙田 自分でも言ってましたけど、入学して来た時の田中は今よりずっと消極的で、感情を前に出すことができませんでした。でもそれは僕も中学の時は同じようなものだったし、田中の気持ちも分かります。そこから自分で変わることができた、そのメンタルの強さは成長だと思います。ゴール下の確率、身体の使い方、リバウンドの工夫も、中学で良い経験をしているので、僕にはないところです。今まであまり見たことのないタイプのセンターです。

田中 プレーで3ポイントとかドライブ、ボールの運び、いろいろチームに必要な力はもちろんですけど、コートやベンチにいるだけで芯が通るというか、安心感があります。試合中でも励まされたりするし、「髙田がいるから大丈夫やな」って自然に思えます。そういう意味では精神的にもプレー的にもチームに必要な存在です。試合じゃなく普段の練習でも、チームがバラついた時に人を束ねる力がすごくあります。それは高校生ではなかなかできるものじゃないと思うので、うらやましいと思う部分でもあります。

髙田「全員が良いところを出して、つないで勝つ」

──では、ウインターカップに向けて大阪学院の強みを教えてください。

髙田 総合力です。市船とか大濠とか、大濠は自分が一番理想としているチームなんですけど、誰が抜けてもチームがやるべきことは変わりません。ウチも誰かが点を取って、また次に誰か点を取ることができる全員バスケですね。ウインターカップ予選の決勝の阪南戦も初めにバーッと行かれてみんな焦ったと思うんですけど、少しずつ全員が良いところを出してつないで、最後に1点差で勝つことができました。全員でディフェンスをして全員で攻めるという全員バスケの強さが出た結果だと思います。

田中 僕も同じです。ウチは誰か一人が飛び抜けているチームじゃなくて、それぞれが少しずつ持っているものがあって、それを積み上げたチームです。スター選手はいないんですけど、全員で仕事をして一つひとつのリバウンドを取って、速攻を出していくスタイルです。

田中「大阪学院のバスケットを市立船橋に見せたい」

──ウインターカップではどこに目標を置きますか?

髙田 ベスト何々、という目標は正直ありません。目の前の試合をすべて勝つつもりでいけば、結果は自然とついてくると思っています。個人的には市船にはリベンジしたいです。あとは洛南ですね。近畿の新人戦で負けて、近畿大会でリベンジしようと思っていたのですが、僕は右足を捻挫して出れませんでした。ウインターカップの意気込みを一つ言うとしたら「リベンジ」になります。インターハイでも1勝できていないので、全国で1勝するという意味でもリベンジです。プレーの面ではアウトサイドのシュートが得意なので、射抜いて会場を沸かせたいですね。

田中 僕も目の前の試合で頑張ることが目標です。ベスト何々と言うのであれば、優勝と言いたいです。1回戦が市立船橋で、周りの人に「絶対に市船が勝つやろ」と思われているのは分かっています。それでも自分たちが今までやってきた大阪学院のバスケットを市立船橋に見せてやりたいです。それを40分間やり続ければ、勝てないことはないと思っています。

──ウインターカップを終えると髙田選手は高校バスケ卒業となります。2人の将来的な夢は何ですか?

髙田 将来の夢はまだはっきりとはしていません。大阪学院大学に進学してバスケは続けます。高校と大学でまたレベルが違うと思いますけど、自分なら絶対に試合に出て活躍できると思っています。そこは強気で大学でもそのまま頑張って、プロや実業団を目指せたらいいんですけど、とりあえず大学で活躍して名前を上げることが今の目標です。

田中 僕は次が3年生なので、とりあえず今の3年生ができなかった大阪4冠を達成したいです。私学大会、新人戦、インターハイ予選、ウィンターカップ予選です。ウチは歴代でもまだ1回しかやったことがないので、そこにチャレンジしたいです。