ドノバン・ミッチェルが見た歴史的瞬間「僕は『The Decision』の現場にいた」

2018/02/22
NBA&海外
1907

写真=Getty Images

レブロンの大ファンを公言するミッチェル、13歳の出来事

今シーズン開幕から急成長を遂げ、今や新人王候補にも挙げられているジャズのドノバン・ミッチェル。今年のオールスターウィークエンドでもスラムダンクコンテストに出場し、ビンス・カーターへのオマージュダンクで優勝するなど、スポットライトを浴び続けている。

今から8年前の2010年、ミッチェルはNBA史に残る瞬間に立ち会っていた。2010年7月8日、『ESPN』はコネチカット州グリニッジから生中継した特別番組『The Decision』を放送した。当時フリーエージェントの権利を取得したレブロン・ジェームズがここに出演し、「自分の才能をサウスビーチにもたらすことにした」という表現でヒート移籍を発表している。

その会場にいた子供たちの中に、当時13歳だったミッチェルがいたそうだ。『Yahoo Sports』の取材に対し、ミッチェルはこう語っている。「僕もあの場にいたんだ。当時グリニッジの学校に通っていて、レブロンの大ファンだったから母に頼んで連れていってもらった。僕はレブロンにキャリア初のリングを勝ち取ってもらいたくて、ヒートに移籍してほしかったんだ」 この『The Decision』により、結果的にレブロンは全米で最も嫌われるアスリートの一人になってしまう。ヒート移籍に怒ったクリーブランドのキャバリアーズファンの中には、レブロンのジャージーに火を点けるなど、過激な行動に出る者もいた。その現場の中心に居合わせたミッチェルは、当時の空気を今でも覚えていると話す。

「会場の外にいたニックスファンは、レブロンの決断を快く思っていなかった。ジュースの瓶を投げている連中もいて、頭に当たりそうになった。僕は大喜びしていたけどね」

それから8年後、当時少年だったミッチェルは立派なアスリートに成長し、古豪ジャズの中心選手に成長した。時の速さを実感させられるエピソードだが、ひょっとすると、今年のダンクコンテストの会場にいた少年が、数年後NBA選手になってミッチェルの前に現れる、なんてことも十分に考えられる話だ。