WCプレビューvol.22岐阜女子(岐阜)石坂ひなた&木下七笑「気持ちの部分で負けたくないのがすごく強いです」

2017/12/19
プレーヤー
2073

取材・文=鈴木健一郎、写真=バスケット・カウント編集部

今年は新人戦から桜花学園に勝ち続け、ここまでウインターカップと国体で優勝。『3冠』に王手をかけている岐阜女子だが、そこに『女王』の驕りはない。日々真摯にひたむきにバスケットボールに取り組み、来たるべきウインターカップに万全の状態で臨めるように準備を進めている。キャプテンの石坂ひなた、そして2年生ながらスタメンに抜擢された木下七笑に大会に向けた意気込みを聞いた。

[INDEX]ウインターカップ2017プレビュー 出場校インタビュー

石坂「ここぞという時にシュートを決める」

──まずはそれぞれの自己紹介をお願いします。

石坂 3年の石坂ひなたです。3ポイントやシュートが得意で、チームとしては得点を取りにいく役割です。コートネームは『ココ』です。入学した時の3年生につけてもらったのですが、「ここぞという時にシュートを決める」という意味での『ココ』です。

木下 2年、シューティングガードの木下七美です。プレースタイルはディフェンスが得意なので、まずは相手チームのエースを止める役目です。コートネームは「チームの輪をつなぐ」という意味で『リン』です。

──2人はどういう経緯で岐阜女子を選んだのでしょうか。石坂選手は新潟出身ですよね。

石坂 ウインターカップで岐阜女子が準優勝した試合を見て、すごく良いチームだなと思ったのがきっかけです。それで練習を見学させてもらって、「ここでやりたい」と思って決めました。

──木下選手はお母さんが岐阜女子バスケ部のOGなんですよね。

はい。お母さんがミニバスのコーチをやっているので、家にバスケットボールがある環境で育ち、ミニバスを始める前からボールで遊ぶのが好きな子供でした。お母さんが卒業生だったこともあって、試合はよく見に行っていました。ディフェンスが好きだったので、ディフェンスから走るプレーを見てカッコいいと思い、岐阜女子に入ることにしました。

──石坂選手がバスケを始めたきっかけは何ですか?

石坂 小学校で仲が良かった先輩がバスケをやっていたので、それに影響されて始めました。

木下「教わった基本のプレーが得点になる」

──では、岐阜女子の練習がどんなものか教えてください。

石坂 平日は3時間、土日は結構1日しっかり練習します。その時期によってキツい練習もやりますが、体力的にキツいというよりも自分で考えながらやるのが岐阜女子の練習の特徴ですね。がむしゃらに練習するんじゃなくて、先生から言われたことを自分たちで考える、言われる前に自分たちで考えながら。何を意識するかを大切にしているので、集中していないとミスをして怒られます。考えずにひたすらやるより疲れるかもしれないです(笑)。考えているけどうまく自分のプレーができない時は大変です。

木下 基礎練習を結構やります。自分にできないことをしっかり教えてもらえるので、基礎はものすごく身に着きました。試合でも難しいことじゃなく、教わった基本のプレーが得点になるので、そういう部分ですごく自分に良いものを教えてもらっていると思います。

──去年は桜花学園に負け続けた1年でした。それを経験して石坂選手は3年生に、木下選手は2年生になって、今年はここまで勝ち続けています。去年との違いはどこにあると思いますか?

石坂 やっぱり気持ちの部分で負けたくないのがすごく強いです。そういう気持ちがあるから、毎日の練習でも「負けたくない」とか「本気で練習に取り組もう」とか、一日一日の意識が違うんじゃないかと思います。試合で追い付かれた場面でも、今まで積み上げてきたものがあるから自信が出て、それが負けないことにつながるのかなと思います。

木下 去年の先輩方が負けた悔しさが私の中ではずっと残っています。その先輩たちのためにも自分たちは絶対に勝たないといけないという気持ちです。一日の練習の中でみんな気持ちが入っていて、声も出ています。それが大きな大会の試合でも出ることで勝てているんじゃないかと思います。今年のチームは盛り上がる時は本当に盛り上がります。

──石坂選手はキャプテンとしてチームをまとめる立場にあると思いますが、普段から気を付けていることはありますか?

石坂 一緒に出てる3年生はともかく2年生や1年生が出た時には、自分たちよりも経験が少なくて緊張で硬くなっていると思うので、声はいつもかけるようにしていますし。うまくいってなかったら、みんな集めてどうしていこうとか、喋るようにはしています。

木下 キャプテンとしてのココさんはカッコいいです。ここぞという時に決めてくれるし、うまく行かないと思ったら声をかけてくれたり。日頃から優しくて大好きです。

寮では応援するチームに分かれてNBA観戦

──木下選手はキャプテンから厳しくされるとか、怖い時はありませんか?

木下 全然ないです。いっつも優しいです。

石坂 そうですね。自分は全然怖いタイプのキャプテンではないです。

木下 人間性がもう素晴らしいんです。パーフェクトです。本当に全部すごくてヤバいぐらいです。面白いですし。

──絶賛されていますが、自分はどんなキャプテンだと思いますか?

石坂 しゃべらずに静かにしていたのでは周りとコミュニケーションが取れないので、練習の時は集中してダメなところに気付けば言うようにしていますけど、普段とか寮にいる時はみんなとしゃべって、ふざけるところはふざけています。

木下 やることが面白いんです。昨日も練習が終わって体育館の片づけをしていて、18時50分には戸締りをするので、自主練をする選手たちに「出てください」と声を掛けるんですけど、ココさんが急にドアからばーんと登場して「出てくださーい」って。それでみんな爆笑しました。

石坂 アンコールとか言われて、ドアを閉めて引っ込んで、今度は違うドアから出て来て。すごくウケました(笑)。

──みんな一緒に寮生活だと思いますが、バスケ以外のところで流行っているのは?

石坂 K-POPが流行ってます。『GOT7』。K-POPってめっちゃ踊るじゃないですか。あれをみんな完コピする勢いで(笑)。

──自分たちでプレーする以外で、バスケを見る機会はありますか?

木下 NBAは録画して寮で見ています。でも、NBAは真似るとかあこがれるより、ただただ「すごい」しかない(笑)。

石坂 NBAを見る時は、応援するチームであっちとこっちに分かれて座って見るので盛り上がって面白いです。私はステフィン・カリーがめっちゃ好きです。ドリブルワークとかステップワークとか。