ヤニス・アデトクンボ、さらなる飛躍を求めて今夏『コービー塾』入門を希望

2018/02/20
NBA&海外
870

写真=Getty Images

レナード、ジョージ、バトラーが合同練習の予定

バックスのヤニス・アデトクンボは、NBAキャリア5年目の24歳。今シーズンの前半戦を終えてキャリアハイとなる平均27.8得点、10.4リバウンドを記録しているほか、フォワードながら4.8アシストというスタッツも残すなど、リーグを代表するオールラウンダーとして年々進化を遂げている。この数年のうちにシーズンMVPを受賞してもおかしくない存在だ。

昨年に続いて今年のオールスターゲームにもスターターとして出場するアデトクンボは、さらなるレベルアップのため、今オフはレイカーズレジェンドのコービー・ブライアントとの練習を希望している。『ESPN』とのインタビューで、オールスター期間中コービーに直訴するつもりだと語った。

「オールスター期間中、人目につかないように彼と話す機会を得たい。ロスでの練習に参加していいか聞いてみたいんだ。彼が今年の夏、何人かの選手と練習するつもりだと話していたインタビューを見たからね」とアデトクンボは言う。

コービーとのミニキャンプに参加する予定の選手は、スパーズのカワイ・レナード、ティンバーウルブズのジミー・バトラー、サンダーのポール・ジョージと見られている。アデトクンボは「このリーグで本当に優れた選手になりたいのなら、トップ選手の意識から学んで、自分の個性と考え方に取り入れないといけないんだ」と言う。

コービーも、現役時代には毎年のようにオフにレジェンドたちに積極的に連絡を取り、教えを請うた。おそらくコービーはアデトクンボを門前払いにはしないはず。この夏、アデトクンボがコービーの下で『マンバ・メンタリティ』を学べば、必ずや選手としての大きな成長につながるはずだ。