サンダー移籍で心機一転のポール・ジョージ、「昨シーズンの自分には十分な力がなかった」と認めベストプレーヤーを目指す

2017/09/24
NBA&海外
138

写真=Getty Images

オフシーズンの過酷なトレーニング動画を公開

今オフにサンダーに移籍したポール・ジョージが、オフ中の過酷なトレーニング動画を公開した。

ジムでの筋力トレーニングに加えて、プールでのトレーニングなど、激しいトレーニングを自らに課していることが分かる。プレーオフ1回戦でキャバリアーズにスウィープ負けを喫した後、ポールはすぐさま新シーズンへの準備に取り掛かった。個人個人の目的に合うトレーニングメニューを作って指導する『Proactive Sports Performance』のトレーナー、ライアン・カペッタを雇い、個人トレーニングを重ねてきた。

この動画には「昨シーズンの力は十分ではなかった」とのコメントが添えられている。「昨シーズンのプレーオフで負けた後、すぐにライアン・カペッタと契約した。『今シーズンはベストプレーヤーになることが自分のミッション』と伝え、これまでになかったほど追い込んでもらいたかった。昨シーズンの力は十分ではなかった。俺はもっとチームのためにやりたかった」

「その時はトレードされるかどうか分からなかったけれど、起こったということは、そういうこと。目標は変わらない。ベストプレーヤーと一緒にプレーして、自分がベストになれるよう努力する。すごく興奮している。必ずレベルアップして、以前より力強くなってみせる」

今シーズン終了後にフリーエージェントの権利を得るジョージは、地元ロサンゼルスを本拠地に置くレイカーズに移籍するのではないかと噂されている。だがジョージの視界には『今』しかない。日々のトレーニングに100%の力を注ぎ、サンダーのため自分の力を出し尽くすことに集中している。

そのサンダーはカーメロ・アンソニーを獲得。ジョージやウェストブルックといかにケミストリーを作り、チームとして機能させるかが大きなポイントになる。開幕までにどれだけ連携を高められるか、そしてシーズンのどの時期にチームとして「成熟した」と呼べるレベルに達するか。ジョージにかかる責任と期待は大きい。