間宮佑圭が語るバスケ部時代vol.3「周囲の人をどう支え、どう引っ張っていくか」

2016/08/06
日本代表
215

文=鈴木健一郎 写真=野口岳彦

『バスケット・グラフィティ』は、今バスケットボールを頑張っている若い選手たちに向けて、トップレベルの選手たちが部活生時代の思い出を語るインタビュー連載。華やかな舞台で活躍するプロ選手にも、かつては知られざる努力を積み重ねる部活生時代があった。当時の努力やバスケに打ち込んだ気持ち、上達のコツを知ることは、きっと今のバスケットボール・プレーヤーにもプラスになるはずだ。

PROFILE 間宮佑圭(まみや・ゆか)
1990年4月3日生まれ、東京都出身。力強さとしなやかさを兼ね備えた日本代表の不動のセンターで、184センチの身長を生かして攻守を支える。センターながら精度の高いミドルシュートも武器としており、俊敏さを生かして得点を量産する。

バスケ一本にしちゃったほうがいいかなあ

中学が厳しすぎて、高校に上がるタイミングでバスケを辞めようと思っていました。まあ先生の作戦で、全中(全国中学校バスケットボール大会)が終わってすぐに高校の練習に参加させられて、気付いたらそのままバスケを続ける流れになっていたんですけど(笑)。

でも、その時は気持ちも落ち着いていたし、大変なこともありましたが、中学生の頃のようにプツンとなったりはしませんでした。高校生になるともう大人として扱ってくれるバスケ部だったので、体力よりも頭を使うバスケットへの変化がありました。私自身もオンとオフを切り替えられるようになって、高校では学校生活もバスケも充実した、すごく良い期間を過ごせたと思います。

高校では今につながる精神的な面、キャプテンシーとか、周囲の人をどう支えるか、どう引っ張っていくかを自分なりに作り上げることができました。私はよく人のことを見ていて、練習が終わった時とか試合の前にちょっと話し掛ける、というのをよくやっています。レギュラーのメンバーにはフランクな感じで行くし、高校生の頃は後輩にはいろいろと覚えさせなきゃいけないので厳しく言うとか。状況によって、あるいは人によって今どんな言葉が必要なのか、自分なりに考えてやっていました。

それは今のリオ五輪に出るチームでもやっています。キャプテンはキャプテンでしっかり引っ張ってくれているので、そのサポートを。日本代表ともなれば、勝手に付いていくんです。みんな一流の選手なので、誰かが引っ張ろうとしなくても一つになれます。その中でよりコミュニケーションを取れるように、ちょっとふざけていろんな人をイジったりとか。それが自分の役割と思って、おちゃらけた感じで自由にやっています。

私はどうもフラフラした感じで、高校3年になった時も大学進学を考えていました。中学卒業のタイミングでバスケを辞めようしたのと同じように、高校でバスケに一区切り付けて、大学では別の何かを始めようと思っていたんです。それでも先生に「君は実業団でしょう」と言われて考え始めて。大学に行くと授業してバスケしてバイトして、でも結局遊ぶ暇もなくて、それだったらバスケ一本にしちゃったほうがいいかなあ、という考えを(笑)。

一流の選手が集まる日本代表でも、間宮はよりコミュニケーションを取るべく、自分の役割を遂行している。

振り返ることができる時は必ず来ます

「バスケ頑張るぞ!」とメラメラ闘志を燃やすのとは正反対な私ですが、今もバスケを続けているし、大胆にも一流の道を進んでいます(笑)。でも、置かれた立場でベストを尽くしてきた結果として、今こうして日本代表の一員としてオリンピックを迎える自分になっているんだと思います。

闘志を燃やすタイプではないのですが、努力せずにここまで来れたわけではありません。「勝ってやろう」とは思わないにせよ、常に追い越さないといけない人はいました。JX-ENEOSサンフラワーズに入団した時も、諏訪(裕美)選手がいたり山田(久美子)選手がいたり、絶対的なセンターがいる中で試合に出れないという期間があって、そこでバスケットで2回目の挫折を味わったりもしました。

今バスケを頑張っている人で、バスケが辛くなるほど大変な人もいると思います。私からアドバイスができるとしたら、「自分なりの乗り越え方でいい」ということです。長く目標を持つ必要はないので、今日だったら今日、明日だったら明日と、目の前のことを一つずつクリアしていくぐらいの気持ちで、どんな乗り越え方でもいいので、何とか乗り越えてほしいと思います。時間がかかっても、私みたいに振り返ることができる時は必ず来ます。

最後に、いよいよリオ五輪です。チームとしては「メダルへの挑戦」をスローガンに頑張ります。個人としては今まで積み重ねてきたバスケットを全部出せるよう、バスケットの楽しさを自分自身でも感じながら、日本にいる方々にも画面を通してお伝えしたいと思います。応援よろしくお願いします。

「闘志を燃やすタイプではない」と自分の歩みを振り返る間宮だが、置かれた立場でベストを尽くす姿勢を続けてきた。

バスケット・グラフィティ/間宮佑圭
vol.1「スカウトされちゃうんじゃ? とふざけていたら」
vol.2「カバンに『退部届』の封筒を忍ばせて」
vol.3「周囲の人をどう支え、どう引っ張っていくか」