ドウェイン・ウェイドがマイアミに凱旋「ファンの反応は素晴らしかった」

2018/02/10
NBA&海外
200

写真=Getty Images

球団、チームメート、ファンすべてがウェイドを歓迎

2月9日のアメリカンエアラインズ・アリーナは、ドウェイン・ウェイドのためにあった。前日にキャバリアーズからトレードされて電撃復帰が実現。さっそくチームに合流したウェイドは、バックス戦にベンチから出場。復帰初戦はわずか3得点に終わったものの、チームは91-85で勝利し連敗を5で止めた。ウェイドの存在がチームにポジティブな力を与え、この連敗脱出に繋がったと言っても過言ではないだろう。

ウェイドが第1クォーター残り5分19秒にコートに立った瞬間、マイアミのファンはスタンディングオベーションで英雄の復帰を祝福した。

そして1本目の3ポイントシュートを右ウィングから成功させると、ファンはまるでブザービーターでも決まったかのような大歓声で称えた。試合後、ウェイドは「試合開始から終了まで、ファンは素晴らしかった。マイアミのみんなに会いたくてたまらなかった」と語った。

ウェイド復帰の効果は、チームグッズの売り上げにも信じられないほど大きな影響を及ぼしている。『ESPN』スポーツビジネスリポーターのダレン・ローベルによれば、ヒート復帰が決まった前日17時から販売開始となったウェイドのジャージーに100カ国以上から注文が殺到。直近2日間と比べて8000%増の売上を記録したそうだ。

復帰戦後、ウェイドは今シーズン序盤戦のみ所属したキャブズ、復帰を実現させたヒートへの感謝を語った。「ホームに戻って来ることができてうれしい。でも、まずは自分を快く受け入れてくれたキャブズ関係者、チームメートに御礼を言いたい。僕たちが求めていたようなシーズンにはならなかったけれど、自分は常に全力を尽くした。そこは分かってもらいたい。そして、僕たちをホームに呼び戻してくれたヒートにも御礼を言いたい。以前から僕たち家族も、球団も、いつか復帰が実現すれば良いと言葉にしていた。それが今日になったのを本当に喜んでいる。自分の家、子供たちとの時間、愛犬との時間、たくさんのことが楽しみだ。ヒート関係者、チームメート、コーチ、ファンにも御礼を言いたい。僕の復帰を歓迎してくれてありがとう。これからが楽しみだ。Let's Go ヒート!」

2年離れていたとは思えないほどすぐさまチームに馴染み、初日にしてチームメートからリーダーとして慕われている。これから始まる後半戦のヒートにとって、ウェイド復帰は間違いなく追い風になる。選手本人、球団、チーム、ファンすべてにとって相乗効果が得られるトレードは珍しい。マイアミ全体が、ウェイドの帰還に沸いた24時間だった。