グリズリーズのマイク・コンリー、スパーズとの第3戦チケット500枚を自腹購入しファンにプレゼント

2017/04/20
NBA&海外
26

写真=Getty Images

チケットはコンリー本人がファンに一枚一枚手渡す予定

スパーズとの西カンファレンス1回戦 第2戦までを終えて0勝2敗と後手に回っているグリズリーズ。4月20日に予定されている第3戦からはホームのフェデックス・フォーラムで2試合を戦うだけに、一矢報いたいところ。

ホームでの初戦を前にグリズリーズは、先発ポイントガードのマイク・コンリーがファンへの感謝の気持ちとして、第3戦のチケット500枚を自費で購入しプレゼントすることを発表した。

グリズリーズによれば、500枚のチケットは現地4月19日のチーム練習終了後に会場で配布される予定で、なんと練習を終えた直後のコンリー本人から手渡されるという。

泥臭さや気骨あるチームアイデンティティを形容する『Grit and Grind』という表現からも分かる通り、グリズリーズはNBAでも屈指の守備力を誇るチームで、今シーズンも1試合の平均失点でリーグ3位の100.0点を記録。地元人気が高く、第3戦と第4戦では強豪スパーズ撃破に向けて、会場中がアメリカ南部の熱いファンで埋め尽くされるだろう。

NBA選手は、日常的にあらゆる地域活動に積極的に参加し、地元ファンとの絆を育んでいる。コンリーの行為は、球団とファンを繋ぐパブリック・リレーションズ活動の理想的な形と言える。

たとえ今回チケットをもらえなかったとしても、フランチャイズプレーヤーのコンリーの気持ちに胸を打たれたファンがフェデックス・フォーラムを『要塞』に変え、スパーズを迎え撃つはずだ。