トレイルブレイザーズとデイミアン・リラードの関係にヒビ!? ヘッドコーチ人事を巡る論争が思わぬ方向へと飛び火

トレイルブレイザーズとデイミアン・リラードの関係にヒビ!? ヘッドコーチ人事を巡る論争が思わぬ方向へと飛び火

2021/06/30 12:00
デイミアン・リラード

釈明に追われるオルシーGM「ここを離れるような兆候は一つもない」

チャウンシー・ビラップスのヘッドコーチ就任が正式決定したことで、トレイルブレイザーズは次のステップであるドラフトとフリーエージェントに集中できるはずだった。しかし実際には、デイミアン・リラード退団の危機が浮上している。

きっかけはファンによるビラップス就任への反対だ。ビラップスは1997年に婦女暴行の疑いがあり、不起訴になったものの、これが『チームの顔』であるヘッドコーチに相応しくないとしてファンが反発。それはリラードにも向けられた。「どうしてこんな人物を推したんだ!?」ということだ。

リラードは「7歳で新聞は読んでいなかったし、そんな出来事は知らなかった」と説明するとともに、「僕は挙げられた候補について感想を求められただけ。みんなの批判が僕に向けられるとは思っていなかった。言いがかりはやめてほしい」とコメントしている。誰よりもチームに忠誠を誓っていたにもかかわらず、ファンが自分に反発したのはショックだったに違いない。

もともと、リラードには移籍の噂が絶えない。彼自身にブレイザーズを離れるつもりはないが、リーグ屈指の得点力とリーダーシップを持つ彼が「優勝を狙えるチームへ」と考えた時に、オファーを出すチームはいくらでもある。

昨日の就任会見でビラップスはチーム作りより先に婦女暴行疑惑の釈明をしなければならなかったし、ニール・オルシーGMにはリラードの移籍についての質問ばかりが投げ掛けられた。オルシーGMは「デイム(リラード)とは常に連絡を取り合っているが、彼がここを離れるような兆候は一つもない。彼はブレイザーズで引退するつもりだ」と繰り返したが、多くの報道は「トレードを要求するには至っていないが、今後について考え始めている」という論調だ。二人三脚で戦ってきたテリー・ストッツが解任され、ファンからの信頼は脆いものであることが分かった今、彼に様々な思いがあったとしても不思議ではない。

トレードの噂は様々なものが浮上している。セルティックスはジェイレン・ブラウンとマーカス・スマートを、セブンティシクサーズはベン・シモンズに複数の1巡目指名権を、ペリカンズはブランドン・イングラムにニキール・アレクサンダー・ウォーカー、さらに指名権を、そしてウォリアーズはアンドリュー・ウィギンスとジェームズ・ワイズマンに指名権を差し出すと言われている。いざトレードとなれば、ブレイザーズはそれ以上の条件を引き出すことも可能だろう。だが、どんな交換条件でもブレイザーズがリラードを手放したいはずはない。

ブレイザーズはリラードと長期契約を結んでいるが、今のNBAでは選手がトレードを要求すれば、それを拒むことはほぼ不可能だ。「僕はバスケットボールだけの意味じゃなく、この街を代表していると思っている。球団史上最高の選手になり、あとはMVPと優勝を手にしてここで引退したい」と語っていたリラードの熱意と愛情が不変であるかどうか、注目のオフとなる。

RECOMMEND