シーホース三河がオールGリーグ・ファーストチームに選出されたジェロード・ユトフを獲得

シーホース三河がオールGリーグ・ファーストチームに選出されたジェロード・ユトフを獲得

2021/06/23 13:05
ジェロード・ユトフ

2019-20シーズンにはメンフィス・ハッスルで渡邊雄太とプレー

シーホース三河は今日、新規外国籍選手にジェロード・ユトフを獲得したことを発表した。

アメリカ出身で現在28歳のユトフは、206cm100kgのフォワード。アイオワ大を経て、Gリーグのラプターズ905でプロキャリアをスタートさせ、2017年にはマーベリックスでNBAデビューを果たした。その後もNBAとGリーグを行き来し、2019-20シーズンにはメンフィス・ハッスルで渡邊雄太とプレーし、34試合に出場して平均プレータイム34.9分で18.9得点、10.7リバウンド、1.4スティール、1.2ブロックを記録して、オールGリーグ・ファーストチームに選出された。また、2019-20シーズンにオーランドで開催された『バブル』シーズンにはウィザーズと契約し、3試合に出場した。シュートレンジが広く、どこからでもプレーできる選手だ。

ユトフはクラブを通して、次のコメントを発表している。「私はBリーグと日本の文化について素晴らしいことを聞いたことがあります。私はこれを直接体験し、三河ファンと交流できることに興奮しています。三河の素晴らしいチームの一員になることを楽しみにしており、昨シーズンの成功をさらに発展させたいと思っています」

RECOMMEND