ケビン・ラブが東京オリンピックの開催延期を「とても賢明な判断」と評価

ケビン・ラブが東京オリンピックの開催延期を「とても賢明な判断」と評価

2020/03/25

ケビン・ラブ

「世界が今後どうなるかなんて、誰にも分からない」

3月24日、国際オリンピック委員会(IOC)は、新型コロナウイルスの世界的な大流行による影響を懸念し、2020年の東京オリンピックの開催延期を発表した。

オリンピック延期がもたらす影響は、経済面を含め多方面に出る。そのため今回のIOCの決断には賛否両論あるが、キャバリアーズのケビン・ラブは『ESPN』の番組に出演した際に、「賢明な判断」とIOCを称えた。

「オリンピックは世界中の人がかかわる大会だから、IOCの責任は大きい。先が見えない恐怖がある中で、早くに延期を決めたのはとても賢明な判断だと思う。7月に新型コロナウイルスがどうなっているのか、そもそも海外に行けるのかさえ分からない。経済の先行きも不透明で、スポーツ界だって同じさ。世界が今後どうなるかなんて、誰にも分からないんだから」

東京オリンピックに出場するチームUSAの最終候補にも選出されたラブは、2021年の開催が濃厚とされるオリンピックについて、「出場するとしても、応援する側になったとしても、楽しみにしているよ」と笑顔で語った。

ラブはNBAがシーズンの中断を決定後、試合中止に伴い収入が大幅に減ってしまうホームアリーナのスタッフのために高額の寄付をした。その後も「今こそNBA選手がアスリート以上の存在になる時」とメディアを通じて発信するなど、この騒動の中でも率先して行動している。

1件のコメント

  • 佐保めぐみ 佐保めぐみ より:

    ラブは、この状況でも率先して行動したりと本当に内面もカッコいい選手ですね。彼が言うように、これから世界がどうなるのか見えないことは怖いですが、自分にできることをしてこの状況を耐えるしかないですね。

コメントを残す

RECOMMEND