【4月3日のNBA】プレーオフに向けてクリッパーズに「ラストピース」が復帰
2016/04/05

写真=Getty Images

精神的支柱が復帰したクリッパーズが粘るウィザーズを撃破

4月3日にステイプルズ・センターで行なわれたウィザーズ戦で、ブレイク・グリフィンが昨年のクリスマスゲーム(レイカーズ戦)以来となる復帰を果たした。

昨年末のレイカーズ戦で左大腿部を負傷したグリフィンは、今年の1月下旬、遠征先でチームスタッフと食事中に口論の末、暴行を加え、自らの右手を骨折。復帰を大幅に遅らせた。本人が軽率な行動を猛省したのは当然だが、この事態を重く見たチームは、グリフィンに4試合の出場停止処分を科している。

もっとも、この騒動があってもチームリーダーのクリス・ポールを中心に団結したクリッパーズは、攻守の要であるグリフィン不在の間に30勝15敗と大きく勝ち越し、プレーオフ進出を確定させた。ポールは欠場を続けるグリフィンについて「チームに必要な存在」と言い続け、頼れる相棒の復帰を持った。

精神的支柱の復帰で勢い付いたクリッパーズは、第1クォーター開始から16-6のランを決めて早々にリードを2桁に拡大。ハーフタイムの時点でも60-49と10点以上の点差を維持する。

しかし、プレーオフ争いに踏みとどまりたいウィザーズも簡単には引き下がらず、第3クォーター開始から連続10点を奪われる猛追に遭うが、この日のクリッパーズは慌てることなく、ベンチメンバーを含めたチーム一丸の戦いで再びウィザーズを突き放す。

第4クォーター、シックスマンとしてチームを支えるジャマール・クロフォードが要所で3ポイントシュートを成功させ、残り3分47秒の時点で104-92。ただ、それでも勝負を決めるには十分ではなかった。ジョン・ウォールに3本の3ポイントシュートを連続で決められ、残り47秒の時点で3点差(107-110)に詰め寄られる。

しかし、ウィザーズは敵地5連戦の最終戦ということもあり、余力がなかった。最後はタイムアウト後のプレー再開でポールが3ポイントシュートを決めると、続くウィザーズの攻撃をきっちり止める。こうしてクリッパーズが激闘を制した。

復帰戦を勝利で飾ったグリフィンは、25分の出場で6得点5リバウンド4アシストを記録。試合後「リズムは良くなかった」と話したものの、クリッパーズにとって彼の戦線復帰は精神的に大きなプラスになったようだ。ポールは相棒について「ディフェンスを向上させてくれるし、チームに自信を与えてくれるんだ」とコメントしている。

アウト・オブ・バウンズを避けようと体を張るブラッドリー・ビール。ウィザーズは粘り強く戦うも、作戦ミスもあり勝利には至らなかった。

ウィザーズはここ7試合で2勝5敗とプレーオフ争いでずるずると後退している。第3クォーター開始から連続10点を奪い、試合の流れを一気に引き寄せたに見えたが、ここで犯した作戦ミスが痛かった。

クリッパーズのペースを乱そうと、フリースロー成功率の低いデアンドレ・ジョーダンに故意にファウルを仕掛けるも、思惑に反してジョーダンは2本中1本のフリースローを成功させる。このプレーでクリッパーズは息を吹き返してしまったのだ。


4月3日の試合結果
ペリカンズ 106 - 87 ネッツ
ホーネッツ 103 - 112 キャバリアーズ
サンダー 110 - 118 ロケッツ
マーベリックス 88 - 78 ティンバーウルブズ
グリズリーズ 107 - 119 マジック
ジャズ 101 - 86 サンズ
ブルズ 102 - 98 バックス
ペイサーズ 92 - 87 ニックス
ブレイザーズ 111 - 136 ウォリアーズ
セルティックス 107 - 100 レイカーズ

RECOMMEND