藤岡麻菜美が語るバスケ部時代vol.4「東京オリンピックではメインのポイントガードとしてコートに立ちたい」

2016/12/10
Bリーグ&国内
948

文=鈴木健一郎 写真=三上太、野口岳彦

『バスケット・グラフィティ』は、今バスケットボールを頑張っている若い選手たちに向けて、トップレベルの選手たちが部活生時代の思い出を語るインタビュー連載。華やかな舞台で活躍するプロ選手にも、かつては知られざる努力を積み重ねる部活生時代があった。当時の努力やバスケに打ち込んだ気持ち、上達のコツを知ることは、きっと今のバスケットボール・プレーヤーにもプラスになるはずだ。

PROFILE 藤岡麻菜美(ふじおか・まなみ)
1994年2月1日生まれ、千葉県出身。重心が低く俊敏なドリブルとメリハリのあるパスで多彩なオフェンスを演出するポイントガード。アンダー世代の全カテゴリで国際大会を経験し、リオ五輪イヤーに日本代表候補にも選ばれた。JX-ENEOSサンフラワーズではルーキーながら吉田亜沙美のバックアップとして活躍している。

いつまでも「あこがれの選手」とは言ってられません

私はずっと東京オリンピックに出ることを目標にしてきました。だからリオの代表候補メンバーの18人に選んでもらえたというのは、自分でもまさかの展開でびっくりしました。大学からいきなり女子のトップレベルの中に入るので、ものすごくレベルが上がるんですが、そこは良い経験ができるということで前向きに取り組みました。

1次合宿は緊張していただけで終わり、2次合宿で『現実的に考えて残るのは厳しいかな』と思ったのですが、3次合宿のヨーロッパ遠征でリュウさん(吉田亜沙美)、ルイさん(町田瑠唯)に続くポイントガードとして大事なところで使ってもらって、そこで自分のプレーができたんです。それで『もしかしたら行けるかも!』と。それがあったので、落選は悔しかったです。

それでも得られたものは大きかったです。ガードは経験がモノを言うポジションなので。私は中学でも高校でも、ポイントガードの一番手としてプレーさせてもらいました。だからポイントガードが4人いて、しかも絶対的存在の人がいる環境というのは初めてだったんです。

リュウさんを見ていると、やっぱり本当にすごいんです。一つひとつの細かいところまで研ぎ澄まされていると思います。私はまだそのレベルには達していません。やっぱり現実を受け止めることも大事なので。現実として、まだまだ遠い存在です。

それでも、いつまでも「あこがれの選手」とは言ってられません。それじゃ絶対に超えられないので、学びながらもライバルだという認識を持って、そしてリュウさんとはまた違ったポイントガードの色というか、チームの作り方を見せていけば、チャンスは巡って来ると思っています。

「どうせ自分には無理」と思っているうちはできない

2020年の東京オリンピックでは、『メインのポイントガードとしてコートに立ちたい』という思いがあります。今は目の前に世界のアシスト王がいます。練習でアドバイスももらえますし、間近で見てたくさん盗んでいこうと思っています。それは他のチームのポイントガードにはできない、私の特権です。

JX-ENEOSに入った以上、厳しいこともありますが、それは私が自分で選んだ道です。しっかりと学ばせてもらいながら、「いつかは超えてやる」という気持ちをふつふつと燃やしながらやっていきます。リュウさんに『麻菜美にだったら任せて引退できる』といつか思ってもらえるような選手になりたいんです。

2020年と言ってもあと4年もありません。私は大卒だから、Wリーグを4年経験しただけで2020年を迎えてしまいます。高卒からWリーグでプレーしている同期だったらプラス4年のキャリアがあるわけで、同じ努力をしていてはダメです。2020年を目標として、そこから1カ月、1週間、1日という目標を立てて頑張っていきたいと思います。

今バスケ部で頑張っている子たちも、目標は高く持ってもらいたいです。自分の可能性って低く見てしまいがちですが、「どうせ自分には無理」なんて思わないで、もし思ったとしてもまずそれを乗り越えて、「なりたい自分」を一番に考えて目標を立ててほしいです。そこに向かってどうすべきか、中学生でも高校生でも、それをちゃんと考えてやれば、絶対に今後につながります。

「どうせ自分には無理」と思っているうちはできないです。目標を立てれば、それに見合った努力だったり習慣だったり性格だったり、自分を変えていくことができます。私も元々は引っ込み思案で、キャプテンなんてキャラじゃないですから。バスケで人生が変わりました(笑)。

でも、自分で自分を変えていくことはできるんです。そうすることで、初めて夢に向かっていけます。可能性を自分で狭めないでほしいです。

バスケット・グラフィティ/藤岡麻菜美
vol.1「バスケのために、声なんか一切出さず淡々とプレーしていた自分を変えた」
vol.2「常勝チームを避けての進学、選んだ道は間違っていなかった」
vol.3「ちょっと頑張ったらクリアできる目標では、それなりの努力しかしない」
vol.4「東京オリンピックではメインのポイントガードとしてコートに立ちたい」