藤岡麻菜美が語るバスケ部時代vol.3「ちょっと頑張ったらクリアできる目標では、それなりの努力しかしない」

2016/12/10
Bリーグ&国内
1013

文=鈴木健一郎 写真=三上太、野口岳彦

『バスケット・グラフィティ』は、今バスケットボールを頑張っている若い選手たちに向けて、トップレベルの選手たちが部活生時代の思い出を語るインタビュー連載。華やかな舞台で活躍するプロ選手にも、かつては知られざる努力を積み重ねる部活生時代があった。当時の努力やバスケに打ち込んだ気持ち、上達のコツを知ることは、きっと今のバスケットボール・プレーヤーにもプラスになるはずだ。

PROFILE 藤岡麻菜美(ふじおか・まなみ)
1994年2月1日生まれ、千葉県出身。重心が低く俊敏なドリブルとメリハリのあるパスで多彩なオフェンスを演出するポイントガード。アンダー世代の全カテゴリで国際大会を経験し、リオ五輪イヤーに日本代表候補にも選ばれた。JX-ENEOSサンフラワーズではルーキーながら吉田亜沙美のバックアップとして活躍している。

「上のレベルを目指してもいいんじゃないか」という気持ち

筑波大に進学した理由は教員になりたかったからです。「教員免許を取るのであれば筑波がいい。バスケ部も1部リーグだし」というアドバイスをもらって。そのタイミングでWリーグのチームから声を掛けていただいたんですが、「自分の実力では絶対無理です」と断ったんです。

その時は教員しか考えていなかったですね。バスケは大学で普通にできればいいか、って。アンダーカテゴリーの代表に選ばれていても、自分の実力がそれに見合っているという自信はありませんでした。

その心境に変化があったのは大学1年の時です。オールジャパンで富士通と8点差の試合をして「もっと上のレベルを目指してもいいんじゃないか」という気持ちが芽生えて。そこから意識がかなり変わりました。WJBLチャンネルで試合を見るようになったのもその時期からです。

バスケをやっていて最も厳しかったのは大学の時ですね。私はずっとキャプテンをやらせてもらってきて、自分なりにチームの作り方を分かったつもりでいたんです。どうやってチームをまとめて、どういう雰囲気になれば勝てるか、みたいな。それが大学では通用しませんでした。中学や高校と違って規則もないし、それぞれが自由にバスケをやるのが大学でした。それをチームとしてまとめるのは大変だなと。

大学に入った時点でその大変さは分かっていたんですが、本当に厳しかったのは4年生のリーグ戦で勝てなくなった時期です。結局5位に終わったんですけど、連敗が続いた時期に何をどうしたらいいのか全然分からなくなりました。

自分たちを見失った時にこれをやれば流れが戻って来る、という何かを作りたくて、「コートの中でハイタッチする」のを決めたんです。でも、一番悪い時はそれさえもできなくなってしまう。一人ひとり周囲が見えなくなる、チームの負の連鎖でした。あれは厳しかったですね。どれだけ言ってもみんな分かってくれないし、結果も出ないし。

でも、やめたら終わりなんです。やり続けることでいつか結果は出ます。積み重ねるのは大変だけど、崩れるのは一瞬です。そこは信じるしかないんですよね。私も崩れかけたんですが、やり続けました。最初に「これだけはやる」というのを自分で決める。それをまず作ることですね。ないなら作る、作ったら何があってもやり通す。それが一番重要だと思います。

アンダー世代の代表でいろんな世界があることを知った

私が努力を続けてこられたのは、いろんな経験をずっとさせてきてもらったからだと思います。例えばアンダー世代の代表では、アジア選手権や世界選手権で、いろんな世界があることを知りました。自分の年代にすごい選手がいることが分かって、自分ももっと頑張らなきゃいけないと。それをチームに持ち帰るという役目もありました。

「もっとすごい選手がいるよ」と他のポジションの子に伝えるのはなかなか難しかったです。やはり実際に対戦してみないと分からないところでもあるので。経験ってそういうものですから。それを知らないから目標をあまり高くに置けない、という選手もいると思います。

それでも、目標は高く持つべきだと強く思います。叶えられそうな夢って、夢じゃないです。ちょっと頑張ったらクリアできる目標を立てたら、それなりの努力しかしないじゃないですか。「夢は大きく」と言いますが、本当にそのとおりだなって。だから大学でも私は「日本一になる!」とずっと言い続けていました。

高すぎる目標でも、言葉にすることでそれに向かって努力できるようになります。それでチャンスが向こうから寄って来ることもあると思うんです。だから目標は高く。高校ならインターハイに出たいとか、出るだけじゃなくベスト4に入りたいとか、最終的な目標はそう簡単に手が届かないところに設定すべきだと私は思っています。その目標を置くことによって、半年とか1カ月とか1週間とか毎日とか、近い目標も立てられるようになります。

バスケット・グラフィティ/藤岡麻菜美
vol.1「バスケのために、声なんか一切出さず淡々とプレーしていた自分を変えた」
vol.2「常勝チームを避けての進学、選んだ道は間違っていなかった」
vol.3「ちょっと頑張ったらクリアできる目標では、それなりの努力しかしない」
vol.4「東京オリンピックではメインのポイントガードとしてコートに立ちたい」