群馬クレインサンダーズでの挑戦に心躍らせる並里成(後編)「自分は確実にこのチームにフィットする」

群馬クレインサンダーズでの挑戦に心躍らせる並里成(後編)「自分は確実にこのチームにフィットする」

2022/09/28 17:00
並里成

『ファンタジスタ』の異名で知られる並里成は、琉球ゴールデンキングスで4シーズンに渡りプレーし、このまま生まれ故郷のクラブでキャリアを全うすると思われていた。だが、ファイナルに進出した昨シーズンはBリーグ優勝に懸ける思いが不完全燃焼のまま終わり、契約も満了となった。そんな並里の新天地となったのは、群馬クレインサンダーズだ。33歳とキャリアの円熟期を迎えた並里は、バスケ選手として、そして一人の父親として、群馬での新たな挑戦に心を躍らせている。

「昨シーズンと比べると自分で攻める回数はもっと増える」

──昨シーズンは病気で終わってしまい、もどかしい思いを抱えたままオフを迎えて、移籍することになりました。群馬への移籍はすんなり決まりましたか?

正直に言えば「ファイナルに出られなかった分、次こそは」という気持ちだったんですけど、こればっかりは自分ではどうしようもないです。次に進むしかないところで、群馬から声を掛けてもらいました。

群馬からはデータに基づいてチームに足りないところを説明してもらい、僕がどうして必要なのかを聞かせてもらったのですが、その時点で「自分にピッタリだ」と感じました。僕の持つ能力と、それをどうチームに絡めていくかを考えた時、自分は確実にこのチームにフィットすると思ったんです。クラブの方向性とか優勝への思い、そのために一人ひとりが自分の役割をしっかり認識して、チームの勝利のために周りがいろんなことを犠牲にしているチームだと伝わったので、すぐに移籍を決めました。

──群馬でのプレーについて「メインでやるつもり」との言葉がありましたが、具体的にはどう考えていますか? ポイントガードはベテランの五十嵐圭選手がいて、若い菅原暉選手も台頭しつつあります。

チームからはメインプレーヤーの一人として活躍することを期待されていたと思うんですけど、ケガで早々に離脱してしまったのでどうなるか分からないのが現状です。イメージとしては自分のプレースタイルを大きく変えることはないと思いますが、琉球での昨シーズンと比べると自分で攻める回数はもっと増えると思います。琉球はピック&ロールが得意な選手が多くて、僕はコーナーで待ってキャッチ&シュートから始まる感じでした。それが群馬では僕やトレイ・ジョーンズが起点になってピック&ロールを使っていく感じになると思います。

並里成

「自分がリバウンドを取れたらゲームにも自ずと勝てる」

──スタッツの面で一番こだわっていきたい部分はどこですか?

リバウンド、アシスト、スティールですね。

──ファンからすると『ファンタジスタ』のアシストに期待している部分が多いと思うだけに、リバウンドが一番最初に出てくるのはちょっと意外でした。

リバウンドは結構意識していますよ。上のリバウンドというよりはルーズボールですけど、それは昔から狙っています。フィフティ・フィフティのボールを自分が取ることで、少しでも攻撃の回数を増やす狙いです。

リバウンドの数字は特に外国籍選手が高くなるんですけど、それは相手チームも同じなので大きな差にはならなくて、アドバンテージを作れるのはむしろ日本人選手だと思っています。だからこそガードの自分もリバウンドで貢献できたらと常に考えています。数字としては平均で6、最低でも4。これぐらい自分がリバウンドを取れたらゲームにも自ずと勝てるのかなと。

アシストの数は試合によって変わってきますが、チームが変わってプレースタイルも変わる中で、自分が主となってプレーを展開する機会が増えそうなので、昨シーズンは3.6でしたけど最低でも5、できれば6より上にいきたいですね。

──チームのスタッツとして重視するものは何ですか?

群馬ではトランジションの数を重視しています。そのためにオフェンスの決まりを決めて、一人ひとりの力が生きるように、というプレーをやっています。

並里成

「どこに行ってもそのチームを強くする選手になりたい」

──いよいよ開幕が近付いてきましたが、黒と黄色のユニフォームは並里選手に似合いますかね?

似合いますよ、もちろん!(笑)

──今シーズンのチームの、そして個人の目標はBリーグ優勝ですか?

明確に設定しているわけじゃないですけど、ヘッドコーチとは「ちゃんと勝てるように段階を踏んでいこう」と話していて、僕もそのつもりでいます。個人としては今はまずケガを治してチームに戻るのが最優先。でもやっぱり、自分のやってきたことを結果に繋げるという意味ではBリーグで優勝したいです。

──自分が来たからには群馬をファイナルに連れていく、そして優勝させる、という気持ちですか。

そうですね。どこに行ってもそのチームを強くする選手になりたい。それが理想です。

──最後に、開幕を待つファンの皆さんにメッセージをお願いします。

群馬県民の皆さんと一緒に戦いたい、という気持ちを持ってやって来ました。一つでも多く皆さんに勝ちを届けたいので、後押ししてください。1試合1試合、間違いなく面白い試合にしますので、楽しみに待っていてほしいです。

RECOMMEND