新型コロナウイルス感染に揺れるBリーグ、広島ドラゴンフライズの選手に抗原検査での陽性判定が出て今日の信州戦が中止に

新型コロナウイルス感染に揺れるBリーグ、広島ドラゴンフライズの選手に抗原検査での陽性判定が出て今日の信州戦が中止に

2021/03/27 07:58
広島ドラゴンフライズ

日曜の第2戦、それ以降の試合実施可否は追って決定される

Bリーグが新型コロナウイルス感染で揺れている。今日開催されるB1、B2で複数の試合開催の中止が決まった。

シーホース三河の2選手に25日(木)から発熱の症状があり、PCR検査を受け、新型コロナウイルスの陽性反応が出た。これを受けて全員がPCR検査を受けたところ、新たに選手1名とチームスタッフ1名にも陽性反応が出た。

24日(水)に三河と対戦していた広島ドラゴンフライズでは、三河の状況を受けて27日(金)に選手とチームスタッフの抗原検査、PCR検査を実施。その結果、選手1名が抗原検査での陽性判定を受けた。

PCR検査の結果が出るのは今日以降で、また保健所による濃厚接触者の判定もまだ出ないため、Bリーグの試合実施要項に規定される試合エントリー要件を充足できず、広島サンプラザホールで今日開催予定だった信州ブレイブウォリアーズとの第1戦の中止が決まった。28日(日)の第2戦、またそれ以降の試合実施については、今後の検査結果や保健所の判断を待っての決定となる。

RECOMMEND