井上眞一×片峯聡太、世代を超えた高校バスケ指導者対談(後編)「若い指導者にいろいろ伝えたい。何でも教えます」

井上眞一×片峯聡太、世代を超えた高校バスケ指導者対談(後編)「若い指導者にいろいろ伝えたい。何でも教えます」

2021/03/28 11:30
井上眞一×片峯聡太

福岡大学附属大濠の片峯聡太コーチが先代の田中國明からチームを託されてから10年が経過した。その間に2度のインターハイ優勝を経験して強豪校の伝統を受け継いだが、まだ33歳と若い指導者であり、常にアンテナを張って新たな学びを得たいと考えている。その片峯は学校のテスト期間を利用して、愛知県の桜花学園へと足を運んだ。還暦を超え、全国優勝68回と他を圧倒する実績を持ちながら、今もなお学ぶことに貪欲な井上眞一コーチの指導を見るのがその目的。高校バスケ界で屈指の実績を誇る桜花学園の井上コーチと、新しい世代の指導者の代表格である片峯コーチが、バスケットボールについて大いに語り合った。

「絶対勝たなきゃいけない、という指導をすべきではない」

──新型コロナウイルスの影響は今もなお続いています。もう2年目になりますが、どのように取り組んでいきますか?

井上 インターハイなのか国体なのかウインターカップなのか、どこかで全国大会はやるだろうと信じて頑張っているのが去年でした。今年も同じような感じですね。

片峯 そうですね。選手のモチベーションをどこに持っていくか。今は個人練習ですが、やっぱりどこかでチームとしての力も伸ばしていかないといけないので。対外試合ができないのは難しいです。

井上 ウインターカップの前には実業団のチームと何度かゲームをやりました。こちらは「代表選手は外してくれ」と言ったのですが、向こうも開幕前の調整なのでそういうわけにはいかないとフルメンバーで来て。それでも(オコンクウォ・スーザン)アマカがリバウンドで対抗でき、チームとして3ポイントシュートもよく決まって、「負けてもともと」のつもりでしたが良い試合ができました。負ける前提の試合を組むのか、という意見もあると思いますが、私は高校生に『絶対勝たなきゃいけない』という指導をすべきではないと思っています。だからウインターカップでも「優勝する」とは一度も言わず、「一つひとつ勝つ」とだけ言っていました。

片峯 私は結構言ってしまいます。「勝たなきゃいけない」となると、必要ないプレッシャーが出てきてしまいますね。

──井上コーチは大ベテランで、片峯コーチはまだ33歳と若い指導者です。何かアドバイスはありますか?

井上 33歳はこれからどう変わることもできます。私が中学校で初めて全国優勝したのが33歳の時でした。そこから6年連続で全国優勝をして、高校に移ったんです。もっと時間がかかるかと思ったんですが、39歳でインターハイを優勝できました。やっぱり大事なのは指導者自身がバスケットボールを勉強することです。

片峯 コーチの我々のレベルアップなくして選手のレベルアップは絶対にありませんからね。

井上 私も全日本のジュニアをやっていた12年間は海外遠征が多かったし、アジアの大会や世界選手権にも行って、世界のバスケを見ることができました。今はそういう機会をなかなか持てないので、アメリカに行って勉強している若い指導者に来てもらって、今の世界のバスケを取り入れようとしています。進歩というのか流行というのかは分かりませんが、そういう流れはつかんでおく必要があります。

片峯 井上先生がおっしゃるように、バスケは常に進化するものです。私も自分のバスケットを作り上げたい気持ちは強いですが、その変化に常にアンテナを張っておかなければいけない、というのはすごく感じます。

井上眞一×片峯聡太

「誰も追い付けないところにいてほしいです」

──井上コーチが、若い世代の指導者にいろんなことを教えよう、何かしら影響を与えよう、という気持ちはありますか?

井上 影響を与えるかどうかは分かりませんが、勉強したいので練習を見に行きたい、という依頼があれば断りません。指導者が大学院の卒論のために練習を見に来たり、結構いろんな人が来ます。隠すことは何もないので、聞かれたことにはすべて答えます。若い指導者にいろいろ伝えたいです。でも、恐れ多くて電話ができないからと、知り合いのツテで連絡してくる人もいます。怖そうに見えるのかな……。

片峯 それはちょっと言いづらいですが、敷居は高いですよ(笑)。

井上 そういうつもりは全くないんです。聞かれたら正直に答えるし、教えてほしいと言われれば何でも教えます。そう見えないのかもしれないけど(笑)。

──全国大会の会場で、指導者同士で話したりすることはあまりないですか?

片峯 挨拶はしますが、時間を取って話すことはあまりありませんね。特に男女の指導者で交わることは少ないと思います。私もこれから井上先生にいろいろ教えていただきたいです。また目標としている存在ではありますが、優勝回数はもっともっと増やして誰も追い付けないところにいてほしいです。

井上 高校に限らず大学でもBリーグの指導者でもいいから、いろんな人を捕まえて吸収してほしいです。昔、男女の優勝監督ということで能代工業の加藤廣志先生と対談したことがあります。加藤先生が30回ぐらい優勝した頃だと思いますが、私はまだ2回か3回の頃だったので、「俺の記録を破るのはあなただよ」と言われて「そんなこと絶対にあり得ない」と思ったのを覚えています。若くていくらでも可能性があるからうらやましい。私も33歳に戻りたいですよ(笑)。

──井上コーチからすれば、自分の記録を抜いてくれ、という気持ちですか?

井上 抜けとは言わないけど、2番目が加藤廣志先生で3番目が加藤三彦先生なので、そこは抜いてほしいですね。

片峯 頑張ります!

RECOMMEND