OG・アヌノビーは「リスクと報酬を天秤にかけて」契約延長に合意、ラプターズ復活の大きな一歩に

OG・アヌノビーは「リスクと報酬を天秤にかけて」契約延長に合意、ラプターズ復活の大きな一歩に

2020/12/26 07:50
OG・アヌノビー

バンブリート、シアカムの『コア』をキープ

ラプターズのOG・アヌノビーが先日4年7200万ドル(約74億円)での契約延長に合意した。契約満了を待ってさらに高額となる契約を狙うこともできたが、現時点で納得できる額での契約を選んだ。

「未来はどうなるか分からないし、リスクを犯すより確保することを選んだ。リスクと報酬を天秤にかけてね」

アヌノビーは契約延長について代理人と何度も話し合ったという。結局はギャンブルをせず、ビジネスとして最も妥当と考えられる選択をしたと語った。

アヌノビーとの契約延長はラプターズにとっても素晴らしいニュースとなった。今年のオフに8500万ドル(約88億円)で契約を延長したフレッド・バンブリート、昨年オフに1億3000万ドル(約134億円)で契約を延長したパスカル・シアカムとフランチャイズの土台となる選手を少なくとも今後3年間はキープすることができる。

アヌノビーは入団時期が近いバンブリート、シアカムと一緒に戦えることを喜んでいる。「2人は僕がルーキーの時にNBAキャリア2年目だった。僕らは同時期にプロになり、成長を続けてきた。僕らは一生懸命努力しているし、全員ここに残れてハッピーだよ」

指揮官のニック・ナースも3人が中心選手となるこれからのチームに大きな期待を寄せている。「彼らの成長を見るのは楽しみだ。まずはそれぞれ個人の努力を心から評価したいと思う。そして球団、コーチングスタッフ、選手育成プログラムのおかげで彼らを成長させることができたんだ」

ラプターズの2020-21シーズンのスターティングラインナップはシアカム、アヌノビー、バンブリートにベテランのカイル・ラウリー、ノーマン・パウエルとなりそうだ。ただ、ラプターズは財政的に余裕があるため、早ければ来年夏にも大物選手獲得に動く可能性がある。2年前に獲得したカワイ・レナードのように大きなインパクトを与えられる選手を獲得できれば、再び優勝を狙えるチームになれるはずだ。

RECOMMEND