実業団からプロへと挑む伊集貴也(後編)「チームにプラスになる風を吹かせたい」

2018/07/18
Bリーグ&国内
5819

伊集貴也

取材・写真=古後登志夫 構成=鈴木健一郎

島根スサノオマジックはB1に挑んだ昨シーズン、レギュラーシーズン11勝49と全18チーム最下位に沈み、残留プレーオフに敗れて1年でのB2降格が決まった。鈴木裕紀ヘッドコーチの続投とキャプテンの佐藤公威の残留は早々に決まったものの、チームは再び刷新されて再起の2018-19シーズンを迎えようとしている。そんなチームに新たに加わった一人が、社会人の九州電力からプロ挑戦を決めた伊集貴也だ。安定した生活を捨ててプロの世界へと飛び込む25歳の彼に、その決断の理由と意気込みを聞いた。
実業団からプロへと挑む伊集貴也(前編)「みんなが活躍する舞台に立ちたかった」

「寺園脩斗の情熱は僕にもすごくプラスになった」

──トライアウトで注目され、島根への加入が決まりました。意気込みはいかがですか?

僕は島根県に行ったことがないのですが、僕自身がプロという新しい挑戦をするので、まずは環境に慣れることが一番だと思っています。僕より若い選手もいますし、そこは実業団での経験をマイナスとはとらえずに、チームに必ずプラスになるような風を吹かせたいです。

──九州電力からはもう一人、寺園脩斗選手が三遠ネオフェニックスに入りました。

脩斗とは何度か食事をしながらプロに挑戦したいという話をして、そこから週3の練習帰りとか休日に2人でワークアウトしたり、一緒に準備を進めてきました。脩斗は僕以上に、異常なぐらいバスケットのことばかり考えている人間なので、その情熱は僕にとってすごくプラスになりました。すごく生意気ですけど、そこは褒めます(笑)。

──寺園選手は東海大を出ていて認知度のあるエリートで、伊集選手は全国的な知名度のない『雑草』なのかと思います。寺園選手はB1の三遠で、伊集選手はB2からプロキャリアをスタートさせることになりますが、その差は気になりませんか?

確かにスタートの違いはありますが、ジェラシーみたいな感情は一切ありません。脩斗のバスケットに対するエネルギーは本当にすごくて、僕にとっても大きなプラスになりました。普段から生意気なんですけど、練習になるともっと生意気になって、一緒にゲームをやっていても僕が決めたら必ずやり返してくる。そういう意味で普段の練習から脩斗と激しくやれたのはすごく良かったです。僕だけじゃなく、九電のチームにも彼が与えた気持ちは大きかったと思います。

伊集貴也

「九州電力での3年間をハンデだと思わない」

──プロ挑戦のために九州電力を出るわけですが、古巣へはどんな感情を持っていますか?

会社のサポート、監督やコーチ、マネージャー、チームメートの理解があって、僕たちはプロに送り出してもらえました。僕と脩斗が2人揃って出て行くので悪いイメージがつきそうですが、九電は実業団で日本一を目指すチームです。もともと大学でも第一線で活躍してきた選手が集まっているし、実業団ではあってもバスケットボールに対してすごく意識の高いメンバーが揃っています。仕事をしながらバスケットでも結果を出す、そこを一番求めているチームなんです。実業団の中で最もプロ意識の高い、すごいチームなんだぞ、ということは言っておきたいです。

──その中でやっていたからこそプロに行けたと思いますか?

本当にそう思います。僕自身、九電に入った当初は大学の練習の100倍はキツいと思いました。最初の何週間かはすぐに足がつってリタイアして、体育館が使えない時の外練もすごくキツかったです。大濠公園のカフェが並ぶところを大声を出してランニングしているのが僕らです。プロよりもキツい練習をしていたかもしれません。2年目までは練習についていくだけで大変でした。だから実業団のレベルが一概に低いとは思わないし、そこで3年間やったことを僕はハンデだとは思っていません。

──プロキャリアがいよいよ始まりますが、何を目標に置きますか?

先発でプレーしたいし、試合で結果を出したいという気持ちはあります。ただ、チームメートはみんなプロを経験していて、昨シーズンは1部だっただけにB1経験者も多いので、まずは焦らずにやりたいです。焦らずに自分らしさを出していけば自ずと結果は出てくると思っています。

伊集貴也

「バスケットに対して今まで以上に向き合っていく」

──では、伊集選手の『自分らしさ』とは何ですか?

僕は黙ってられない人間で、結構おしゃべりなんです。だから選手やコーチやスタッフはもちろん、ブースターの方々も含めて、島根のいろんな人たちとコミュニケーションを取ってチームを明るくしたいです。それと同時に勝つために厳しくしなきゃいけないと思ったところは自分から伝えていきたいです。

──島根のファンへメッセージをお願いします。

はじめまして、伊集です。実業団で3年間プレーして今回初めてプロ選手なりますが、応援される選手になれるように日々トレーニングをして、バスケットに対して今まで以上に向き合って頑張っていくので、そういうフレッシュなところを見ていただけたらと思います。

沖縄出身で明るいのが好きなので、ぎゃーぎゃー騒いでもらえたらうれしいです(笑)。沖縄出身で国士館大を出たBリーグの選手ということで僕も『劇団松島』を作って皆さんを楽しませたいんですけど、それは二番煎じになっちゃうので、新しいことを考えておきます!