前線からの激しいディフェンスを体現したレバンガ北海道、アクシデント連発の三遠を後半に圧倒

前線からの激しいディフェンスを体現したレバンガ北海道、アクシデント連発の三遠を後半に圧倒

2020/09/21
レバンガ北海道

新戦力のメイヨがインサイドを制圧

9月20日、レバンガ北海道が三遠ネオフェニックスとプレシーズンゲームを行い、91-64で勝利した。

北海道の先発は橋本竜馬、葛原大智、中野司、桜井良太、ニック・メイヨの5人。前線からプレッシャーを与えて橋本がターンオーバーを誘発するなど、北海道がディフェンスからリズムをつかむ。互いにコートにダイブしボールへの執着心を見せるが、北海道が球際で上回りそれを得点に繋げていく。メイヨがピック&ロールからミドルシュートを確実に沈めると、ミドルの警戒を強めた三遠ディフェンスを逆手に取り、リングへアタックしてアリウープを成功させるなど、メイヨは第1クォーターだけで11得点を挙げた。

葛原が3本の3ポイントシュートをすべて沈めてリードを保ちつつ、西川貴之へのマークを徹底して得点源を抑えたが、川嶋勇人や北原秀明に3ポイントシュートを許し、突き放せずに42-37で前半を終えた。

だが後半に入ると、ディフェンスの強度を上げた北海道の時間が続くことに。前半以上に前線からのプレッシャーを強め、8秒バイオレーションを誘発。さらに橋本がプレッシャーを嫌がった寺園脩斗からオフェンスファウルを獲得するなど、ボール運びすら簡単にさせなかった。

一方の三遠は大黒柱の太田が橋本のハードチェックを受けて肩を痛めてベンチに下がり、川嶋勇人がテクニカルファウルを連続でコールされて退場となってしまう。さらに早い段階でチームファウルが5に到達。個で打開しどうにか繋いでいた西川もテクニカルファウルをコールされるなど、失速していった。

レバンガ北海道

葛原「 シュートを決め切れたことは個人的な収穫 」

インサイドで優位に立つ北海道はメイヨが得点を重ね、ジャワッド・ウィリアムズのフリースローで点差を20に拡大。その後も試合を支配した北海道が後半を49-27と圧倒し、勝利を手にした。

北海道の宮永雄太ヘッドコーチは「今日の試合は、これまでと変わらず、自分たちがやってきたことをとにかく遂行しようということしかチームには伝えませんでした。相手のやりたいバスケットをやらせない。自分たちの目指す40分間激しいプレッシャーディフェンスを継続する。このことを今日は選手たちが遂行してくれたと思います」とコメントした。

攻守で存在感を見せた新戦力の葛原は「後半はチームとしても個人としても集中力が切れてしまった部分があったので、前半のよい流れを40分間継続できるようにしていきたいと思います」と厳しい自己評価を下しつつも、「シュートを決め切れたことは個人的な収穫でもありましたし、これまでなかなかチームにフィットできていなくて慣れるまでに時間がかかってしまいましたが、チームがやるべきことやヘッドコーチから求められる指示はとても明確なので、今日のような出場機会を与えてもらっている状況でよい結果を出して、次に活かしたいと思います」と前を向いた。

北海道はメイヨがチームハイの24得点、多嶋朝飛が13得点5アシスト、桜井良太が11得点、ウィリアムズが10得点を記録。橋本も8アシストを記録するなど、新戦力との融合がうまく進んでいる。

RECOMMEND