3x3に参戦した今野翔太の熱い夏(後編)「チャレンジの毎日が楽しくて仕方ない」

2018/06/13
Bリーグ&国内
442

取材=古後登志夫 構成=鈴木健一郎 写真=GERA.OSAKA.EXE、B.LEAGUE

大阪エヴェッサの今野翔太はこの夏、「バスケ界に貢献したい」、「地元の大阪でもっとバスケットを盛り上げたい」という思いから、3人制バスケという新たな挑戦に乗り出した。自らがオーナー兼選手となり3x3チーム『GERA.OSAKA.EXE』を立ち上げ、PREMIER.EXEへと参戦。「日本のバスケが変わっているところなので、何をするにしてもすごくワクワクします」とやる気に満ちている今野に話を聞いた。

3x3に参戦した今野翔太の熱い夏
(前編)「バスケ界の阪神タイガーズを目指して」

「ただのディフェンスマンで終わりたくないです」

今野は大阪が誇るディフェンスマンであり、守備については絶対的な自信がある。「B1でやれる自信はすごくついてきて、最後はワクワクしながら試合を迎えていました。特にディフェンスでは『俺に任せろ』みたいな気持ちですね。攻めて来る選手のコースに入ること、ディナイでボールを持たせないことの繰り返しです。僕は闘争心を出しまくりますが、ノーファウルで守るスタイルで、ハードだけどクリーンです。相手にぶつかっていく、間合いを詰めてシュートを落とさせることの快感がありました」

ただ、そのディフェンスが課題にもなった。「ディフェンスを求められるところで役割をフォーカスしすぎました。チームが負けていく中で相手のエースを抑える役割のことばかりを考えて。仕事ができた試合もあったんですけど、オフェンスに参加できていなかったのはもったいなかった。後半戦に『自分ももっと攻めよう』と切り替えてオフェンスの感覚が戻ってきて、終盤戦には2桁得点も何試合かあって、最初からそういうマインドでやるべきでした」

「こう言うと桶谷さんに失礼かもしれないけど、正直もっと点が取れるという意識はあって、もっと自分のプレーがあってもいいんじゃないかという気持ちはありました。それでもコーチの求めることを遂行することがプロだし、天日(謙作)さんの時もディフェンスを求められ、それに応えたいと頑張っていました。僕の中で自分の役割を全うすることがすべてでしたが、その中でプラスアルファとして自分の色を出さないといけないことが分かりました。今はただのディフェンスマンで終わりたくないです。ジャンパーも止められているわけではないので、あとは判断を良くすればプレーの幅はまだ広げられると思っています」

「僕は遅咲きだから、気持ちも身体も20代です」

自分の性格を「キャプテン肌じゃないですよね(笑)」と言う今野は天性の『陽キャラ』だ。楽観的でマイペース。バスケットへの取り組み方にもその性格が出る。「チームがすごく負けていても、個人的に結果が出ていなくても『暗くなっても結果は変わらない』と思っているので前しか見ていないんです。天日さんの時代もクビになったらなったで仕方ないから、とにかく一生懸命に頑張ろうと。長くやっていれば『なんやねん』と思うこともありましたが、表に出すと文句になってしまうので。そこは認めてもらうために努力するしかないんです」

「まだうまくなれるんですよ」と、自身のさらなる成長を今野は全く疑っていない。「オフになってディフェンスの強度をさらに上げるため、緩急をもっと付けるためのトレーニングを積んでいます。下手なボクシングの動画をSNSに上げたのもそのためです。今シーズンはマジで身体が動きました。フルコートでプレッシャーを掛けて、速攻で走って点を取ることもあったし、『俺まだ26歳じゃないかな?』って思いますよ(笑)」

今シーズンに大阪での通算500試合出場を達成したプロキャリア11年の33歳。大阪を支える柱だが、それでも気持ちは若芽のままだ。「僕は試合に出始めたのが25歳とか26歳ぐらいの遅咲きだから、気持ちがまだ30歳になってないんです。メインで使われるようになったのは信州に移籍したぐらいで、まだ5年前ですから。気持ちも身体も20代です。これはマジなんで、記事にも書いてください(笑)」

「疲れが取れないようになってきた、というのもないし、若い頃よりもトレーニングしています。毎日楽しいんですよね。楽しいが先に来ているから疲れを感じないのかもしれないです。Bリーグになってレベルが上がって、その中でチャレンジしているんだから楽しくて仕方ないですよ。試合を盛り上げる演出面もプロになったし、お金の面でもプロの自覚が生まれました」

「イケメン選手もたくさんいます!(笑)」

もう一つ、今野のモチベーションを支えているのが家族の存在だ。「最近は息子が大きくなってバスケットに興味を持ち始めているので、そこに僕もかなりやる気をもらっています。それまではオフになると家にいたんですけど、最近は一緒にシューティングしたり、筋トレに行ったり。めっちゃパパしていますが、すごく刺激になりますよね。もちろん、毎日ご飯を作ってくれて家のことをやってくれる嫁さんにも感謝です」

プロバスケットボール選手としての生活を満喫している今野は、来シーズンに向けてエヴェッサのファン・ブースターにもこう呼びかける。「最後まで波のあるシーズンになりましたが、最後まで我慢強く応援してくれて本当に感謝しています。個人的にも皆さんに申し訳ない気持ちでやっていた日々もありましたが、みんな明るい性格のチームなので一生懸命にやってきました。ずっと前向きにやっていけたのはファン・ブースターさんの声のおかげで、それがなかったら降格していたぐらいのシーズンでした。こういうシーズンがあったからエヴェッサは強くなった、と言ってもらえるように僕たちはまた頑張っていきます」

『GERA.OSAKA.EXE』の今野としては、大阪のファン・ブースターが3x3の会場に足を運ぶことを期待している。「5人制とはまた違ったバスケットの魅力も感じてもらえるし、Bリーグがない時期にもバスケットを楽しんでもらえたらとの思いで始めました。5人制よりさらに選手と観客の距離が近いので、そこも楽しんでください。イケメン選手もたくさんいますので(笑)、是非見に来てください!」

文字通り『若さと情熱に溢れる』今野の熱い夏は始まったばかりだ。