Bリーグが開幕に向け約430選手参加の『全選手ミーティング』を実施、安藤誓哉は「真価が問われるシーズン」

Bリーグが開幕に向け約430選手参加の『全選手ミーティング』を実施、安藤誓哉は「真価が問われるシーズン」

2020/08/31
Bリーグ

島田慎二「感染してしまっても、選手が社会に対して謝る必要はない」

Bリーグは今日、2020-21シーズンの開幕に向けてBリーグ全選手(現時点での契約済み選手)約430名が参加した『全選手ミーティング』をオンラインで行った。

まずは島田慎二チェアマンから全選手に対し、今後2週間毎に実施するPCR検査への協力依頼やリーグとしての新型コロナウイルス感染対策を話し、「大事なことは陽性者を非難しないこと」と選手に伝えた。

「万が一、感染することがあっても基本的には選手が社会に対して謝る必要はないと思っています。かつてはコロナの感染者を出さないことが重要でしたが、ここまで浸透してしまっては『出さない』というフェーズは終了したと考えています。重要なことは予防対策のプロセスで、ガイドラインやクラブのルールを守っていくことが何よりも大切です。現状を共有させていただきながら正しい認識、正しい知識を持って開幕に向かって行ければと思います。Bリーグは5年目の若いリーグです。この状況に適応してBリーグ、クラブ、Bリーガーが一致団結してこの難局を乗り越えて行きましょう」

このミーティングには新型コロナウイルス感染対策チームのエグゼクティブ・アドバイザーとなった中山晴雄医師もオンラインで参加。新型コロナウイルスだけでなく感染症との付き合い方を説明し、「競技の特性を理解し、リーグの特徴をとらえ、それぞれの現場に合わせた対策をしてくことが大切です」と一同が協力してリーグを行うことを伝えた。

Bリーグ

「 陽性者が悪いのではなく、新型コロナウイルス自体が悪いだけ 」

そして全選手を代表してアルバルク東京のキャプテン、安藤誓哉が挨拶を行った。A東京はチームから新型コロナウイルスの陽性者が出たこともあり、安藤は「身近なもの」だと言う。

「僕たちアルバルク東京も緊急事態宣言が解除されてから、ガイドラインとロードマップに則り、感染対策やプライベートでの外出自粛、独自のPCR検査などを行ってきました。それでも陽性反応の選手が出たことはそれだけ身近なもので、誰でも陽性が出てしまうものなんだと思います」

そして、実際にクラブが活動休止した時の気持ちを安藤は全選手に伝えた。「今の行政や保健所のルールですと無症状の陽性者は10日間の隔離ということで、精神的にも肉体的にも追い込まれる状況になりました。誰が悪いわけでもないのに、一人でその状況を過ごすことはとても大変だったと思います。陽性者が悪いのではなく、新型コロナウイルス自体が悪いだけなので、仮に今後、陽性反応者がチームに出ても、皆さん優しく接してあげてください」

「また、陰性を受けても保健所の判断で濃厚接触確認をされ2週間の自粛要請を受けました。その時、チームは本格的な全体練習が始まって3週間目の途中でした。2週間の活動停止は積み上げて来たものをリセットすることになったので、正直ダメージは少なからずあると思います。今現在、ブランクもありますが、ルカ(パヴィチェヴィッチ)ヘッドコーチが入国からの2週間の自粛期間が明けて合流したので、練習再開後から選手たちはコンディション的にもメンタル的にもハードな状況に追い込まれています。でもこんな日常が戻って来たことを僕はうれしく思っています」

「それでもクラブとしてシーズン前にこの経験をできたことをポジティブにとらえています。皆でサポートし合いながらシーズンを乗り切る覚悟がより一層できましたし、予防対策への意識も高まりました。もともと簡単なシーズンになるとは思っていませんでしたが、今シーズンの意味合いも含めて再確認しクラブ一丸で取り組んでいきたいと思います。シーズンを全うするには1クラブだけでなくBリーグの全選手、スタッフがシーズンを無事に終えられるようみんなで意識して助け合ってやっていく必要があると思います。このコロナウイルスの難しいシーズンの中で、バスケの価値をファンやお客さんに見せて行けるか、真価が問われるシーズンだと思いますので、みんなで一緒に頑張っていきましょう」

ミーティングを終えて、東地区を代表してサンロッカーズ渋谷のベンドラメ礼生、西地区を代表して広島ドラゴンフライズの田渡凌が感想を語った。

ベンドラメは「選手全員で認識を深めることでコロナに対する注意力も上がり、その中でプレーする意味を考える時間になりました」と話す。田渡も「安藤選手から実際に陽性者が出たチームの話を聞くことができて、今後もし自分たちにそういうことが起きたら、どういう対応をしたら良いのかをイメージできて良いミーティングになりました」と語った。

Bリーグは観客を迎えての新シーズン開幕を発表している。野球やサッカーとは異なり、バスケットは屋内競技で接触も多いスポーツだ。それだけに、シーズンを無事にやり遂げるには困難が多くあるだろうが、リーグやクラブが一致団結して支え合いながら2020-21シーズンを迎える。

RECOMMEND