元最強センター、ドワイト・ハワードがホークスへ移籍

元最強センター、ドワイト・ハワードがホークスへ移籍

2016/07/13

写真=Getty Images

チームにとっても、ハワードにとっても復活を期すシーズンに

NBAを代表するビッグマン、ドワイト・ハワードがロケッツとの契約を破棄し、東の古豪ホークスへと移籍した。

ホークスは大黒柱のアル・ホーフォードを放出したため、先発ビッグマンの獲得が急務であった。そこで条件にマッチしたのがハワードだった。

ホークスは一昨シーズンに大躍進を遂げ、球団記録の60勝を挙げた。しかし、昨シーズンは勝ち星を12落とし、レギュラーシーズンは4位でプレーオフに進出するも、東カンファレンス準決勝でキャバリアーズに2年連続でスウィープされた。

ハワードは2015-16シーズン、平均13.7得点とルーキーイヤー以降最低の数字となっている。20得点10リバウンドを軽々と記録できるポテンシャルを備えていながら、年々パフォーマンスの低下が止まらないのが現状だ。

ハワードが最強センターとして復活を遂げれば、ホークスももう1段階高い景色が見れるはずだ。

ロケッツでは3年連続してプレーオフに進出したものの、ジェームズ・ハーデンとのデュオは期待値を超えられず、昨シーズンは不仲という噂が幾度となく報じられた。

RECOMMEND