JX-ENEOSの3番プレーヤーとして大成した宮澤夕貴、次は日本代表での活躍を誓う

2018/03/31
Bリーグ&国内
1240

文・写真=鈴木栄一

「3番でできるという自信はつきました」

今シーズンのJX-ENEOSサンフワローズは、絶対王者と呼ぶにふさわしい盤石の強さで皇后杯とリーグ優勝の2冠を獲得し、リーグ10連覇の偉業を達成した。吉田亜沙美、渡嘉敷来夢、大崎佑圭とともに、チームの中心選手として見事なパフォーマンスを見せたのが宮澤夕貴だった。

タレント揃いのチームにあって攻守に渡るオールラウンダーとして活躍。中でも特質すべきはアウトサイドシュートであり、もともとインサイドを主戦場とし3番ポジションに本格挑戦した昨年から放つようになった3ポイントシュートを、レギュラーシーズンで平均47.1%の高確率で沈めてタイトルを獲得するまでに磨き上げた。

吉田がゲームをコントロール、そして渡嘉敷と大崎の強力インサイドに加え、宮澤の長距離砲があったからこそ、今シーズンのJX-ENEOSはトヨタ自動車アンテロープス、デンソーアイリスといったライバルたちを寄せ付けなかった。

名実ともに『女王』の次世代エースとなった宮澤は、今シーズンについて「中にディフェンスがよっていく分、自分が外でシュートを決めないといけない。得点でもチームを引っ張る立場になることは分かっていました。自分の仕事ができたとホッとしたところはあります」と振り返る。

そして、次のように自身の成長について確かな手応えを得たシーズンとなったと語る。「去年は波があって、ダメな試合が4、5試合続いた時がありました。それが今シーズンを通して安定したプレーができたことが自信になりました。3ポイントが全く入らない試合も減りました。これまでのシーズンと比べて優勝に貢献できたと思います」

「3ポイントや走るところで自分をアピールしたい」

3番が自分のポジションになって2シーズン目を終えた今、「3番でできるという自信はつきました」と力強く語る宮澤にとって、次の目標は日本代表でも3番で先発となることだ。

昨年の代表活動において、宮澤は「最初にコンディションが良くなくて、戻すのにいっぱいいっぱいでした」と序盤での出遅れが響き、長岡萌映子がアジアカップまで3番の先発を担った。

しかし、「代表でも3番で先発をやりたいという思いは常に思っています」と9月末からスタートするワールドカップの大一番での先発奪取へ強い意気込みを見せる。「同じ3番の選手に対して意識をしているところは結構あります。萌映子は身体の強さで自分より上に立っています。そこで負けたとしても、3ポイントや走るところで自分をアピールしていきたい。また、(馬瓜)エブリンも代表では3番です。いかにシーズン中も成長できるかと思っていました」

当然、長岡もワールドカップで先発のポジションを明け渡すつもりはないだろうし、こういった激しい競争が日本代表の強化にとって何よりも大切な部分となる。まずは、リーグ戦の激闘の疲れを癒し、万全のコンディションで代表始動に臨むことが宮澤の次なるミッションとなる。

コンディションさえ万全であれば182cmと世界標準のサイズを備えた3Dプレーヤーとして、宮澤が世界の舞台で躍動してもそれは大きな驚きとはならないはずだ。