千葉が誇る『堅守速攻』を体現するアキ・チェンバース「コートではいつも全力で」

2018/03/24
Bリーグ&国内
22

文=鈴木栄一 写真=野口岳彦、鈴木栄一

「疲れたらコーチが察して交代させてくれる」

3月18日、千葉ジェッツはホームゲームで栃木ブレックスに85-66で快勝した。前日の試合、千葉は第4クォーター残り4分の時点で12点をリードしていながら崩れ、痛恨の逆転負けを喫していた。それだけに、何としても勝って悪い流れを断ち切りたかったこの一戦で躍動したのがアキ・チェンバースだ。チェンバースは持ち味のタフなディフェンスに加え、オフェンス面でも活躍。第1クォーターでいきなり8得点を挙げると、試合全体で豪快なダンクを含む14得点3アシスト2スティールを記録した。

千葉には富樫勇樹、ギャビン・エドワーズ、小野龍猛とそれぞれのポジションでリーグ屈指の得点力を誇る選手がいる。しかしながら、チームに最も勢いを与える得点パターンはリーグ最速と言える攻守の切り替えから繰り出す速攻であり、高い身体能力を生かした速攻のフィニッシャーとして頼りになるのがチェンバースだ。18日の試合ではその特徴が存分に発揮されていた。

「前日は相手の激しさに対応することができずに、最後は向こうの展開になってしまった。それがウェイクアップコールとなり、今日はインテンシティのレベルを上げることができた」

このようにチェンバースは、18日の勝因を語る。また、攻撃では積極的なアタック、守備ではタフなマークと豊富な運動量を見せる自身のプレーについて「疲れたらコーチが察して交代させてくれるのは分かっている。だからコートに出る時はいつも全力を出し切ることだけを考えています」と語る。

「誰とマッチアップしても自分の役割は変わらない」

チェンバースは開幕から控えスタートだったのが、2月18日のアルバルク東京戦で今シーズン2度目の先発起用となると、その後は先発が続いている。ベンチスタートの時は、主に小野に変わって登場することが多かったが、今は先発となり小野と一緒にプレーする時間が増えた。

小野は日本人フォワードでは他にないポストアップという強力な武器を持っている。それだけに連携で苦労した点はあるのか尋ねると、こんな答えが返ってきた。「龍猛にボールが渡ると、相手も彼を抑えにくるのでスペースが生まれる。それを見つけてゴール下にカットするかどうか、ボールをもらったらシュートをするか、パスをするか正しい決断をすることだ。また、練習でマッチアップすることもあり、彼のアタックに対して他の選手がどう反応すべきかを見ていた」

2番と3番と2つのポジションをこなしていてもプレースタイルに変化はないと強調する。「僕にとっては同じポジション。誰とマッチアップしても自分の役割は変わらない。コートを走り、ボールをもらったらまずはリングにアタックしていくことだ」

「気を緩めずハードにプレーし続けることが大事」

いよいよレギュラーシーズンも終盤戦に突入。精神的にダメージの残る終盤での逆転負けからしっかりカムバックするなど、「やはり千葉強し」の印象はある。チェンバースも「徐々に良くなっている実感がある」と言う。

さらなる成長に向けて鍵となるのがメンタルタフネスだ。「昨日は終盤にリラックスしすぎてしまった。もっと最後までプッシュし続けないといけない。負けている時だけでなく、たとえリードしていても、常に気を緩めずハードにプレーし続けることが大事だ」

東地区のみならずリーグ全体1位を目標とする千葉が激戦を勝ち抜くには、チェンバースが速攻からどんどんゴール下にアタックする光景が増えていくことが必要となってくる。