ロンゾ・ボールがドラフト上位指名候補の弟ラメロに宣戦布告「アイツのプレーは熟知している」

ロンゾ・ボールがドラフト上位指名候補の弟ラメロに宣戦布告「アイツのプレーは熟知している」

2020/05/06

ロンゾ・ボール

3兄弟の中で一番才能があると評価されているラメロ

オーストラリアリーグNBLのイラワラ・ホークスでプレーし、2020年のNBAドラフトにエントリーしたラメロ・ボールは上位指名候補として注目され、ウィザーズら複数の球団が指名を検討しているとの噂もある。

アメリカの大学進学という一般的な道ではなく、海外リーグでのプロ経験を優先したラメロは、2019-20シーズンは12試合に出場し、平均17.0得点、7.6リバウンド、6.8アシストというスタッツを残し、リーグ史上最年少でトリプル・ダブルを達成した。

そんなラメロをよく知る兄のロンゾ・ボールは、NBAでの兄弟対決を楽しみにしている。ペリカンズの司令塔としてプレーするロンゾは、チームメートであるJJ・レディックのポッドキャスト番組に出演した際に、NBA公式戦でラメロとの初対決が実現した場合に向けて、「アイツのプレーは熟知しているから、きっとタフな戦いになる」と宣戦布告した。

兄弟対決以外でも何かと話題になる父ラバー・ボールの過激な発言の影響もあり、NBAの先輩たちはラメロを『歓迎』すると推測できる。

2017年のドラフト全体2位でレイカーズから指名されたロンゾも、NBAデビュー戦となったクリッパーズ戦でパトリック・ベバリーから『NBAの洗礼』を受けた。NBAで最も激しいディフェンスをする選手の一人であるベバリーは、プレーオフのような勢いでルーキーのロンゾをマークし、29分のプレータイムでわずか3得点に抑えた。

ボール一家の三男にして、3兄弟の中で一番才能があると評価されているラメロは、兄と同様に1年目からマークされる存在になりそうだ。

RECOMMEND