WNBAが新型コロナウイルスの影響によりレギュラーシーズンの開幕延期を発表「安全を第一に新たな日程を検討する」

WNBAが新型コロナウイルスの影響によりレギュラーシーズンの開幕延期を発表「安全を第一に新たな日程を検討する」

2020/04/05

WNBA

WNBAドラフト2020はオンラインで実施予定

全米女子プロバスケットボールリーグのWNBAは新型コロナウイルスの影響により、レギュラーシーズンの開幕を延期すると発表した。

WNBAコミッショナーのキャシー・エンゲルバートはこうコメントしている。「新型コロナウイルスのパンデミックにより、5月15日より開催予定だったトレーニングキャンプとレギュラーシーズンの開幕を延期することにしました。リーグは引き続き選手やスタッフ、ファンの安全を第一に新たなスケジュールなどを検討していきます」

「新型コロナウイルスの影響を受けている選手、ファン、すべてのコミュニティに引き続き祈りを捧げます。そして私たちのために最前線で精力的に働いてくれている医療従事者の皆さんに感謝しています」

また4月17日に実施予定のWNBAドラフト2020はオンラインを使用し、指名候補者はリモートで参加できるように準備を進めているとのこと。

1件のコメント

  • 佐保めぐみ 佐保めぐみ より:

    アメリカは感染者数が30万人を超えてしまい、この現状では来月のシーズン開幕延期は仕方のないことですね。それでもオンラインでドラフトを実施する準備を進めたりと、今できる最善の方法を取り入れる姿は私たちも見習いたいものです。

RECOMMEND