コービー追悼試合で48得点、レイカーズを撃破したデイミアン・リラード「この試合に勝者はいない」
NBA&海外

コービー追悼試合で48得点、レイカーズを撃破したデイミアン・リラード「この試合に勝者はいない」

2020/02/01

デイミアン・リラード

「コービーと僕たちに共通しているものは、バスケットボール愛」

1月31日にステイプルズ・センターで行われたトレイルブレイザーズvsレイカーズの一戦は、不慮の事故で他界したコービー・ブライアントに捧げられる『追悼試合』だった。

試合前にはレイカーズのレブロン・ジェームズが感動的なスピーチで会場を一つにし、レジェンドの死後、初めての試合に臨むレイカーズが勝つ、という流れが出来上がった。しかし、ブレイザーズのエース、デイミアン・リラードも、自分なりの方法でコービーへのリスペクトを表現した。

リラードは、12本中7本の3ポイントシュートを含む48得点、さらには9リバウンド10アシストのパフォーマンスでチームを牽引。ブレイザーズを127-119の勝利へと導いた。

レイカーズの選手と同様に、リラードは悲しみに打ちひしがれていた。しかし彼は、コービーが亡くなった日も試合に出場し、『マンバ・メンタリティ』を体現した選手の一人だ。レイカーズ戦を終えた後のインタビューでも、男気溢れるメッセージを発信した。

「今日は、全員が複雑な感情を持って試合に臨んだ。試合前の追悼式の影響もあった。バスケットボールを象徴する存在を失ったのだから、本当に辛い試合になった。試合序盤がスローな展開になったのは、きっと今日の試合が持つ意味も関係していたと思う」

試合前、「コービーに試合を捧げる方法は一つしか考えられない」と言っていたリラードは、その真意をこう語った。

「ただただプレーして、一生懸命にやるしかない。コービーと僕たちに共通しているものは、バスケットボールへの愛だ。そういう形で彼の功績を称えられるかもしれないと思った。そして、実行できたと思う」

結果はブレイザーズの勝利だったが、リラードは追悼試合というシチュエーションを踏まえ、試合後にこう付け加えた。

「西の首位にロードで勝てたけれど、今日という状況を考えれば、この試合に勝者はいない」

Recommend