ウォリアーズのルーキー、ジョーダン・ベルが『ダンク・コンテスト』に名乗り「アイディアはある」

2017/11/07
NBA&海外
75

写真=Getty Images

『セルフ・アリウープ』をかますほどの強心臓

シーズン開幕からどのチームも10試合を消化した程度だが、あっという間に毎年恒例のクリスマスゲームを迎え、気づけば来年2月にロサンゼルスで開催されるオールスターゲームの時期を迎えていることだろう。

オールスターゲームが開催される『オールスター・ウィークエンド』で最もエキサイティングな催しは、なんと言っても『スラムダンク・コンテスト』。まだ出場選手が決まるまでには時間もかかるが、ウォリアーズ新人のジョーダン・ベルが名乗りを挙げている。

ベルといえば、先日敵地でのマーベリックス戦の終盤に『セルフ・アリウープ』を叩き込んだ強心臓の持ち主。2017年ドラフト全体38位指名と評価が高かったわけではないのに、1年目から王者ウォリアーズのローテーションに加わっており、206cm102kgという体躯を生かし、豪快なダンクを決める姿を目にすることが多い。

そのベルは、『SiriusXM NBA Radio』に出演した際、「ダンク・コンテストに出場できるだけの力はあるし、出場したい」とコメント。「もしチャンスがあれば、アイディアもあるよ」と続けた。

良くも悪くもインパクトを残しているだけに、このままの活躍、そして試合中に豪快なダンクを決め続ければ、出場のチャンスも巡ってくるかもしれない。その時は、『兄貴分』ドレイモンド・グリーン、ケビン・デュラントとのコンビネーション・ダンクで会場を沸かせてもらいたい。