[ウインターカップ特集]深田怜音&加藤康太郎(中部第一)「最後の大会で自分たちの成長を見せたい」
プレーヤー

[ウインターカップ特集]深田怜音&加藤康太郎(中部第一)「最後の大会で自分たちの成長を見せたい」

2019/12/22

深田怜音&加藤康太郎

中部第一で取材に応じてくれたのは、1年から試合に出続けた深田怜音と、3年になるまで全国大会出場のなかった加藤康太郎という対照的な2人。ノリの良い深田と、その深田が「塩っす」と言う加藤とはキャラも対照的だ。それでも2人とも中部第一のバスケをやるためにここに来たのは同じ。3年間の集大成となるウインターカップに向け、自分たちの力を出しきることを誓う。

「ディフェンスからのブレイクを見てほしい」

──まずは深田選手から自己紹介をお願いします。

深田 ゲームキャプテン、16番の深田怜音です。中学では1年で全国3位、2年で東海大会ベスト16、3年では全中でベスト16、ジュニアオールスターでもベスト16です。中部第一の走るスタイルが自分に合っていると思ったので入学しました。

──加藤選手に聞きますが、深田選手はどんなプレーヤーですか?

加藤 試合で一番声を掛けてくれるプレーヤーです。励ます声もあるし、具体的に「もっとこう動け」とか「ディフェンス頑張るぞ」とか。監督の言葉をコートに伝える役割も担っています。でも普段は甘えん坊で、絶対に一人でいられないタイプ。コンビニに行くにも必ず誰かを連れていきます。あと、ダルがらみが多い。

深田 そうですね、多いです(笑)。

──それでは加藤選手はいかがですか?

加藤 加藤康太郎です。中学の実績はなくて、県大会にも行ったことがありません。中部第一は愛知県で一番強い学校なので、中学で結果を出せなかった分もここで挑戦しようと思いました。1年生の頃は本当に下手でした。2年でもAチームに上げてもらったのに体調管理ができていなくて次の日に落とされるとか。2年生まで地区大会と県大会ではユニフォームをもらっていましたが、全国大会での出場は一度もありません。チャンスをモノにできず、自分が情けなかったです。

──そのままずっとスタンドでもおかしくなかったと思います。転機はありましたか?

加藤 1個上の青木遥平さんが中学の先輩で、「中部に来やあ」と言ってくれました。それで中部に来てからも一緒に朝練をしていました。朝練は6時半からなんですけど、青木先輩と僕は5時半からやっていて。この人の背中を追い掛けて行けば自分もメンバーに入れるし、試合でも活躍できると思ってやってきました。自分に何が足りないのか、いつも青木先輩と比べながらやってきました。

──常田先生もその姿勢をすごく褒めていました。だから今、試合で結果を出せるんだと。

加藤 でも、授業中は睡魔に負けます(笑)。

深田怜音

「僕にとっては声を出すことが一番の成長です」

──深田選手から見た加藤選手はどんなプレーヤーですか?

深田 康太郎は、試合中にブレイクとかドライブがとても頼りになります。ジャンプ力があるので、それがドライブに生きるんですよ。ジャンプ力はマジでヤバい。ダンクもバリバリだし。

加藤 いや、全然です。

深田 直してほしいところは塩。今もそうですけど、ずっと塩なんです。何を言っても「うん」みたいな。ノリが悪いんで、「なんだコイツ」って思いますよね(笑)。

加藤 怜音のノリにはついて行けないっす(笑)。

──加藤選手の成長はすごく分かりました。深田選手はこの3年間でどう成長しましたか?

深田 最初から試合には出してもらっていましたが、声が全然出ていませんでした。3年生になって、前の年から主力として試合に出ていたのが僕ともう一人だけで、みんなを引っ張っていかなきゃいけないという気持ちになりました。僕にとっては声を出すことが一番の成長です。

加藤 3年生になってディフェンスができるようになったよね。

深田 ちょっとだけ。ほんのちょっとだけ(笑)。

──ウインターカップまであと少しですが、注目している選手やライバルチームはいますか?

深田 僕は北陸には負けたくないです。大東カップでは負けているので。あとはライバルだと思っている大濠の横地(聖真)に勝たないと意味がないです。横地は普通に上手いです。ドライブはそこまで速くないんですけど、一歩がデカくて止められないんです。

加藤 僕は東海大諏訪には負けたくないです。埼玉カップや京都遠征で勝ったり負けたりしているんですけど、良い形では勝っていません。ウインターカップでは良い形で勝ちたいです。個人的には諏訪のガード、黒川虎徹に負けたくはないです。ピックからのパスが上手いんですよ。当たるとしたら3試合目です。

加藤康太郎

「今までやってきたことを全部出したい」

──先ほど常田監督に取材したのですが、すごく熱い先生でした。選手から見るとどうですか?

加藤 監督は最初会った時はすごく怖かったです。中学校のクラブの指導者も怖かったんですけど、怖さのレベルが違いました。中部に来る時に中学校に来てくれたのですが、「怖っ!」みたいな。ここに入って練習で怒られた時も本当に怖かったですね。でも、僕のことを進路のことも含めてめっちゃ考えてくれて、そこは本当に感謝しています。ウインターカップで僕らはあまり結果を残せていないので、最後の大会で自分たちの成長をちゃんと見せたいと思います。

深田 チームで監督に一番お世話になっているのは僕です。監督の息子さんが僕の中学校の先輩だった縁で声を掛けてもらったのですが、僕は成績がだいぶマズかったんですけど、「お前の面倒を見たい」と言ってくれて。高校に入ってもやっぱり補習を受けないといけなくなっちゃって、そこで監督が先生たちに頼んでくれて補習を前倒してもらったり、課題のプリントをもらってきてくれたり、迷惑ばかりかけています。進路のことも親身になって考えてくれます。

──見た目はちょっと怖いけど、実際に接するとすごく良い先生ですね。

加藤 たまに笑うのがめっちゃ面白いです(笑)。

深田 いつもは本当に真顔なんです。真顔か怒ってるかのどちらか、

加藤 去年の3年生を送る会では監督が前に出て踊ったんですけど、めっちゃ面白かった。

深田 サンシャイン池崎みたいになってて。めっちゃ恥ずかしそうにやっていたのが本当に笑えました。みんなも「つねちゃーん」とか言って。あれは一生モノですね(笑)。

──だいぶ脱線しましたが、ウインターカップではどんなプレーを見せたいですか?

加藤 個人的にはブレイクともらいざまのドライブを、チーム的としてはディフェンスからのブレイクを見てほしい。僕は2年生まで出られなかったので、今までやってきたことを全部出したいです。

深田 僕は走って点を取ること、外角のシュート、センタープレーです。特にブレイクからドリブルに持って行ってパスを出すプレーに注目してほしいです。チームとしては元気なところ。落ち着いているヤツもいますが、うるさいやつは超うるさい。だから去年もそうだったんですけど応援もすごく盛り上がるので、そこも見てください。

──ウインターカップで自分が活躍する姿を見せたい相手は誰ですか?

加藤 僕が無名でもメンバーに入ってスタメンでやれるようになったのは、中学校のクラブチームのコーチたちや部活の顧問の人たち、ミニバスのコーチが指導してくれたからなので、ウインターカップで活躍する姿を見てもらいたいです。

深田 僕はお父さんがいなくて一人っ子なので、お母さんの家族と暮らしてきました。バスケのために浜松の中学に行きたいと僕が言い出したので、お母さんが3年間付き添って面倒を見てくれました。中部第一に来て寮生活になったのですが、やっぱり今の自分があるのは家族がいたからこそです。実は今日も寮に来てくれて、洗濯物とか身の回りのことをやってくれます。家族には本当に感謝しているので、最後にはウインターカップで優勝する姿を見せたいです。

中部第一

Recommend