ケンタッキー大のチャリティゲームで現役NBA選手が妙技を披露、ラジョン・ロンドは『ヘディング・アリウープパス』を開発

ケンタッキー大のチャリティゲームで現役NBA選手が妙技を披露、ラジョン・ロンドは『ヘディング・アリウープパス』を開発

2017/08/29 10:00

写真=Getty Images

現役トップクラスのパサーが見せた全く新しい『曲芸』

多くのNBA選手を輩出しているケンタッキー大学が年に1度開催しているチャリティゲームで、ペリカンズのラジョン・ロンドが魅せた。

ロンドはケンタッキー大のOBで、同大学で2シーズンを過ごした後に2006年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、1巡目21位指名でサンズが交渉権を獲得。トレードされたセルティックスでNBAデビューを飾っている。

このチャリティーゲームにはロンドだけでなく、カール・アンソニー・タウンズとデマーカス・カズンズ、ジャマール・マレーといったケンタッキー大出身の現役NBA選手が数多く出場し、高等テクニックで会場を沸かせた。そのハイライト動画をケンタッキー大がTwitterにアップしている。

様々なスーパープレーが収められているが、群を抜くのがロンドのプレーの数々。36秒あたりのプレーを見てもらいたい。ロンド自身がイージーなダンクかレイアップを決められる体勢だったにもかかわらず、両手で持ったボールを額に持っていき、サッカーのヘディングの要領で軽く上空にトス。これをサンズのエリック・ブレッドソーが掴んでワンハンドダンクを決めた。

誰も目にしたことがないプレーは圧巻の一言に尽きる。来年のダンクコンテストにペリカンズの選手が出場するとしたら、ロンドとのコンビ・ダンクを考えた方が創造性に富んだパフォーマンスを披露できるに違いない。

RECOMMEND