日本代表の切り札となった永田萌絵、慣れない3x3に苦しみながらも優勝の原動力に

2019/10/08
日本代表
3212

永田萌絵

「考えながらやっていくうちに慣れてきました」

3人制バスケ『3x3』のU23ワールドカップ。日本代表の永田萌絵は、チームで唯一の大学生プレーヤー。インカレを連覇している東京医療保健大のエースであり、昨冬にはインカレMVPにも輝いている。

もっとも、3x3は未経験。今年3月下旬に強化合宿に呼ばれるまで、自分が3x3をやるとは想像もしていなかった。「去年の大会で銀メダルを取った時は、SNSでも結構流れてきたので、日本が3x3で世界と戦えているのはすごいなあ、と思って見ていました」と言う永田は、3x3の代表合宿に招集された時は不安からのスタートだったと言う。

「3月の合宿で一回やって、その次に立川の合宿にも参加させていただきましたが、3x3に触れたのはその2回だけです」と振り返る永田は、U23ワールドカップという大舞台に立ちながら3x3に自分のプレーを合わせていく難しさに直面した。

「ファウルの基準が5人制と全然違って、5人制なら絶対にファウルをもらえる場面でももらえない。それでフィニッシュを落としてしまったり。逆に自分がディフェンスの時はきれいに守りすぎて相手にフィジカルで押されて点を取られたり。そのアジャストは難しかったです」

実際、日本は初戦でトルクメニスタンに圧勝するのだが、永田だけはリズムに乗れず試行錯誤。「初戦は特にフィニッシュのところで落としてしまって、5人制だったらファウルなのに、と思いながらやっていたのが良くありませんでした。そこはしっかり切り替えて、自分から身体を当てに行ってフィニッシュするとか、フィニッシュで少し溜めて打つとか、考えながらやっていくうちにだんだん慣れてきました」

「お客さんを楽しませたい」で飛び出した超絶スキル

バスケットは習慣のスポーツだけに、これまでと違うスタイルに合わせるのはそう簡単ではないはずだが、永田はあっという間にギャップを乗り越えた。インカレを席巻したボールハンドリングと機動力が試合を重ねるごとに発揮できるようになり、大会を通じて日本のエースである山本麻衣にわずか1点差の38得点を記録。山本中心に組み立てたオフェンスが手詰まりになるたびに永田が卓越したオフェンス能力で壁をこじ開け、日本に勢いをもたらした。

決勝のロシア戦で飛び出したビッグプレーが上の動画。下がりながらビハインド・ザ・バックで相手を迷わせ、次の瞬間にはターンしてリングへと一直線。大会トップ10プレーの9位に。女子は2つしかランクインしていない中の一つに永田のプレーが選ばれた。

まるでステフ・カリーかカイリー・アービングのプレーであり、3x3らしいストリート感あるスキルだが、「大会中に男子の選手がやっていたのを見てカッコ良いなと思って、ちょっと練習していたんです。それをやってみようと思って(笑)」と永田本人は照れ笑いしながら教えてくれた。普段は学校体育の枠組みの中で効率の良いプレーをしている永田らしくないが、「お客さんがすごく盛り上がっていたし、3x3ってエキサイティングというか、お客さんを楽しませたいという気持ちに私もなって、それで使ってみました」と振り返る。

すぐに東京医療保健大に戻ってリーグを戦うことになるが、「まずはリーグ優勝、そしてインカレで日本一になって終わりたい」と、大学ラストイヤーをインカレ3連覇で締めくくることに意欲を見せる。ちなみに「3x3仕込みのああいうプレーは?」という問いには「ちょっと頑張ってやってみます(笑)」とのこと。3x3を経験した永田はこれまで以上にタフで抜け目のない選手になっているはず。そして『魅せるプレー』にも期待したい。