『1年でのB1復帰』を至上命題に掲げる秋田ノーザンハピネッツ、バルセロナ出身の『闘将』を新たなヘッドコーチに据える

『1年でのB1復帰』を至上命題に掲げる秋田ノーザンハピネッツ、バルセロナ出身の『闘将』を新たなヘッドコーチに据える

2017/06/13

写真=野口岳彦

尋常ではないハードワークを課し、選手を鍛えるスタイル

秋田ノーザンハピネッツは今日、長谷川誠に代わる新シーズンのヘッドコーチとしてジョゼップ・クラロスと契約を結んだことを発表した。

ジョゼップ・“ペップ”・クラロスはバルセロナ(スペイン)生まれの48歳。メキシコ代表のヘッドコーチを筆頭に国際経験豊富で、スペインだけでなくアメリカ(NCAA、CBA)やポルトガル、オランダ、カナダなどで指揮を執っている。旧bjリーグでも2015-16シーズン途中からライジング福岡のヘッドコーチを務めた。

スペインというお国柄から、フィジカルよりもスキルを生かしたバスケットを志向する戦術家を想像するが、ライジング福岡でのコーチングを見る限りでは『闘将』のイメージ。尋常ではない練習量を選手に課し、気持ちを前面に押し出してどの選手もボールをプッシュする激しいプレースタイルを見せていた。

ペップはクラブを通して次のようなコメントを発表している。

「この度、日本で、そして、秋田ノーザンハピネッツという素晴らしいクラブで仕事をすることになり、非常に楽しみです。チームの目標を達成するためにベストを尽くすことを約束します。シーズンは長いですが、目が離せないものとなるでしょう。まずはできる限りの戦力を集め、その選手たちを成長させ、ファンのみなさまと一緒に毎試合を全力で戦う準備をします」

残留プレーオフで敗れてB2落ちとなった秋田にとって、1年でのB1復帰が至上命題。キャプテンの田口成浩を筆頭に、既存戦力の多くと契約延長をまとめ、早い段階で戦う姿勢を整えている。新ヘッドコーチの指導力、新たなバスケによる『化学変化』が楽しみだ。

RECOMMEND