[前日会見]お祭り男の本領発揮を予感させる辻直人(川崎ブレイブサンダース)「辻直人の真骨頂を見せられたら」

2017/05/26
Bリーグ&国内
122

文=鈴木健一郎 写真=丸山素行

「隣の選手(ファジーカス)が何とかしてくれる(笑)」

本日、Bリーグファイナルに向けた前日会見が行われ、川崎ブレイブサンダースの選手たちが抱負を語った。辻直人は「最後の1試合、このメンバーで戦えるのも最後かもしれないですし、長いシーズン応援してくださったファン、支援してくれた方々のため、感謝の思いを持ちつつ全力でプレーしたいと思っています」と語る。

昨シーズンのNBLファイナルMVPは、大一番での勝負強さを自ら予感しているようだ。

「ファイナルの舞台ですごい観客も来てくださると思うので、そこで辻直人の真骨頂を見せられたら」と語る。

相手の栃木ブレックスはリーグ最少失点の堅守を誇るチーム。「ハードなディフェンスに合わせてしまって、自分たちがストレスを抱えてしまうとオフェンスにも影響してくるので、そこは40分間冷静にしていかないといけない。ファウルのコールをしてもらえなかったりとかしても、自分たちのプレーを続けるのがこのファイナルでは大事。対栃木ということでも、そこが一番大事だと思います。

気になる選手は誰かと質問されると、「ギブス選手と渡邉選手と遠藤選手、あとは熊谷選手と……」と軽いボケで報道陣の笑いを誘った。このあたりは気負いすぎない、いつもの辻である。

「一人を挙げるならギブス選手です。ハードにディフェンスしてくるし、オフェンスでもゴールアタックしてくるので。そういう相手に好き勝手やらせてしまうと、リバウンドを取られたりしまったりするので……」と、ここまでは真面目な表情で話した辻だが、そこから先はまたボケてきた。

「そこは隣の選手(ニック・ファジーカス)が何とかしてくれると信じて、僕たちは他の4人を守りたいと思います(笑)。頑張ってください」

まあ普通の受け答えでは終わらないのが辻らしい。ケガに悩まされた今シーズンだが、最後に間に合った感があり、精神的にはちょうど良いぐらいの『引き締まり具合』なのだろう。ファイナルMVPの辻直人をまた見せてくれるのか、明日のファイナルに向け期待が高まる。