Bリーガーが民泊初体験! 陸前高田市の魅力をぎゅっと凝縮した『B旅』レポート

2019/07/13
Bリーグ&国内
4368

B旅

『B.LEAGUE Hope』と日本バスケットボール選手会の活動として、Bリーグの選手たちが岩手県の陸前高田市で復興支援活動を行いました。東日本大震災による津波の被害を受けた地区を訪れ、震災遺構を見学。現地の子供たちにバスケットボールクリニックを行い、さらには津波でお花見ができる場所がなくなってしまった状況を受けて桜を植樹。『B.LEAGUE Hope』のモニュメントの寄贈式も行われました。

その日の夜は(写真左から)ベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)、枡田祐介(岩手ビッグブルズ)、木下誠(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)の3選手が、陸前高田市の魅力を紹介する『旅する陸前高田』を敢行。これは試合会場付近のオススメスポットを紹介し、Bリーグ観戦を促す『B旅』のスピンオフ企画。選手たちにとって初めての『民泊』体験の様子をお届けします。

B旅

まずは気仙大工左官伝承館を見学。気仙大工左官の優れた建築技法を後世に伝えるために建設され、材料はすべて気仙杉などの地元材を使用しています。

B旅

こちらは阪神大震災を機に神戸市に作られた「1.17希望の灯り」から分灯された、ガス灯の「3.11希望の灯り」だそうです。選手たちは真剣な表情を浮かべ、説明に聞き入っていました。

B旅

一通り見学を終えると縁側で一休み。お茶、リンゴジュース、焼餅に舌鼓を打ちます。最近では縁側のある家も少なくなってきましたが、この風情は素晴らしいですね!

B旅

お土産コーナーでは、各自好きなものをチョイス。からくり式の手作り貯金箱に皆さん興味津々でした。

B旅

次なる目的地は「アバッセたかた」。「アバッセ」は「一緒に行きましょう」を意味する方言で、地元中心の事業者が出店する大型複合商業施設です。そして、「アバッセたかた」にはバスケットコートが隣接しているのです。というわけで、シューティングをしていた一行ですが、部活帰りの青年を発見し、2on2を挑みました!

B旅

誰が相手でもバスケとなったら負けたくないベンドラメ選手は本気モード。日本代表の力を見せつけ勝利。普段はNBAをよく見るとのことで、Bリーグはあまり見ていないとのことでしたが、「本当に上手いです。これからはBリーグを見ます」と、新たなBリーグファンの獲得に成功しました!

B旅

運動の後は、オシャレにカフェタイム。「アバッセたかた」内にある「やぎさわカフェ」へ。店員さんのおススメに従い、八木澤醤油を使った「しょうゆキャラメルマキアート」をオーダー。未知との遭遇に選手たちは「ウマい!」とこの表情!

B旅

「アバッセたかた」を後にした一行はいよいよ民泊体験へ。今回お邪魔したのは村上さんご一家。父、大夢(ひろむ)さんは地元のバスケクラブでコーチをしており、バスケ選手が来るということで初めて民泊に応募したそうです。

B旅

勝負の世界に身を置く3選手は、コート上となれば緊張とは無縁ですが、見知らぬお宅にお邪魔することはもちろん初めてで、緊張が隠せない様子。それでも、人見知りしない蒼紫(あおし)君のファストブレイクによってほどなく打ち解けたのでした。

B旅

みんなで乾杯!お酒の力も手伝って、自然と会話が弾みます。

B旅

子供たちはやたら背が高くてガッチリしたお兄ちゃんたちに興味深々。特に木下選手へのなつき具合は尋常じゃありませんでした。

B旅

食事を終え、テレビゲームを一緒にやったあとは少し早めの花火大会へ。

残念ながら、ベンドラメ選手と枡田選手は翌日朝に予定があるため、ここでお別れです。ベンドラメ選手は「子供たちのパワーに圧倒されましたけど、アットホームで本当に楽しかったです。今度はちゃんと泊まりたいです。お兄ちゃんが強かったので、マリオカートを練習しときます」と、リベンジを誓いました(負けず嫌い!)。

B旅

翌朝、「朝起きて食卓にご飯があるって最高ですね」と、一人暮らしの木下選手は感激しっぱなしなのです。

B旅

最初の緊張はどこへやら、すっかり家族に溶け込んだ木下選手。楽しい時間はあっという間に過ぎ別れの時間が訪れます。今回、民泊のホストとなってくださった大夢さんは「今は分からないにしても、子供たちはあのバスケ選手と一緒にご飯を食べたり、家に泊まったりしたんだなって記憶に残るはずなので、楽しみです。満足度は余裕で100を超えますね。もし選手たちがオッケーなら、もう一度来てほしいです」とうれしいお言葉をいただきました。

B旅

民泊を堪能した木下選手は「楽しすぎて、別れが寂しく感じます。本当に温かい家庭だと思いましたし、子供たちも楽しんでくれて笑顔が見れたので本当に良かったです」と、ちょっと涙目。「花火なんてずっとやってなかったです。家族みんなでやった花火が一番の思い出です。楽しかった以外の言葉はないですね」と、大成功の民泊体験となりました!

B旅