川崎と日本代表を支えるニック・ファジーカス、現在は充電中「前に進むだけだよ」

川崎と日本代表を支えるニック・ファジーカス、現在は充電中「前に進むだけだよ」

2019/05/29

ニック・ファジーカス

「川崎は今までのような強さを見せられていない」

川崎ブレイブサンダースは、2年連続となるチャンピオンシップのクォーターファイナル敗退で2018-19シーズンを終えた。Bリーグ1年目こそレギュラーシーズン最高勝率を収めてファイナルまで勝ち進んだが、そこから2年連続で消化不良の結末に。川崎の大黒柱、ニック・ファジーカスは「この結果はウェイクアップコールだ。(クォーターファイナルでの)栃木戦で2試合続けて大差で敗れたことはチームすべての人に『このままではいけない』と感じさせるものだった。川崎は今までのような強さを見せられていない」と危機感を語る。

川崎での7年目を終えて、「これまでで最も失望し、フラストレーションが溜まったシーズンだった。ここまでひどい負け方でシーズンを終えたことはない」と悔しさを露わにする。

不本意な成績に終わった要因は様々あるが、それでもファジーカスは第一に自分たちのプレーが良くなかったと言う。「優勝や上位のチームには、キャリアベストやそれに近いプレーをする選手がいるもの。しかし、今年も川崎には僕を含めてそういう選手がいなかった」

それは開幕前の手術によって出遅れた今シーズンにおける自身のパフォーマンスについても同じだ。「スタートは故障で出遅れてひどかったが、シーズン後半は良かった。ただ、後半に入ってもいつもなら決めているシュートをミスしたり、取れているリバウンドを取りきれなかったりしていた。ケガによって夏のワークアウトを十分にできなかったことが影響していたと思う」

それでも「終わったことに対して何かできるわけではない。今は前に進むだけだよ」と気持ちを切り替えており、来シーズンへのリベンジに向けて動き始めている。「まずはフィジカルトレーニングをしっかりやって筋力を強化するだけでなく、体重を落とす。今は115kgくらい。それを3kgから4kg落としたい」と、代表合宿に入る前までに身体改造に取り組んでいる。

ニック・ファジーカス

ファジーカスと共存できる外国籍選手の獲得がカギに

コンディションが万全でなかったことが主な要因だが、プレースタイルの変化がうまく行かなかったことも、来シーズンに向けた課題となっている。今シーズンは重量級センターのバーノン・マクリンとコンビを組むことが多く、ファジーカスがゴール下から離れるストレッチ4的なプレーが増えた点を変えていきたい考えだ。

「ポストで僕がボールをもらって相手のダブルチームを引き受け、そこからパスを展開するオフェンスが過去にはうまくいっていた。バーノンと一緒の時のスペースの取り方がうまくいかずゴール下でのボールタッチが少なかった面はある。来シーズンはゴール下や、ミドルポストでもっとボールを持ちたい。ペリメーターから攻めることでもチームを助けられるけど、それが主体になるのはチームにとってもベストではないと感じる」

「リーグでうまくいっているインサイド陣は新潟のダバンテ(ガードナー)とラモント(ハミルトン)」が代表的な例で、良い連携がとれている。栃木のジェフ(ギブス)とライアン(ロシター)、A東京のジャワッド(ウィリアムズ)とアレックス(カーク)もそうだ。彼らは互いの足りないところを補完しあっていたけど、僕とバーノンは彼らほどにそういった関係を構築できなかった」

振り返ればNBLラストシーズンにおいても、川崎はビッグマンのブライアン・ブッチとファジーカスでツインタワーを構築したが、いまいち機能しなかった過去がある。そして、今シーズンもファジーカス、マクリンのコンビがうまく行ったとは言い難い。新たにGMに就任した北卓也は、先日の就任会見で外国籍選手について「ニックと共存することができる。彼にないものを補える選手が必要と思います」と語っていたが、オールラウンダーのファジーカスの相棒としてどんなタイプの選手を獲得するのか。シーズンの行方に少なくない影響を与えてくる選択となる。

ニック・ファジーカス

ワールドカップへ向け気合十分「準備は念入りに」

もちろん、ファジーカスは川崎でのリベンジの前に、日本代表の一員としてワールドカップという大舞台に立つ。ヘッドコーチのフリオ・ラマスからは万全のコンディションで合宿に来るよう指示されたそうだが、「心配しなくても大丈夫」と答えたそうだ。「NBAでプレーしたこともあるけど、世界最高峰の舞台でプレーできるチャンスはそうない。この絶好の機会でしっかりプレーしたいから準備は念入りにやる」と語ると、積極的に海外の強豪とのトレーニングマッチが組まれていることには次のように好意的にとらえている。

「ラマスと話した時、ワールドカップの予選と本大会を比較すると、ボクシングのウェルター級からヘビー級へと階級を上げるものと言われた。本大会を前に世界の強豪とテストマッチをすることで、世界を相手にした自分たちの立ち位置が分かる。それでチェコやトルコに勝つためのチャンスを高められると思う」

来月には34歳となるファジーカス。オフも代表活動が入ることで、身体をケアする時間が十分に取れない不安はないのだろうか。それでもファジーカスは「過去に故障で2シーズンぐらいプレーしていないから、身体的には34歳ほど消耗していない」と強気だ。「親友がそう言ってくれるから、自分でもそのように言い聞かせている(笑)」

実際、ファジーカスのプレースタイルは身体能力に頼るものではなく、卓越したシュートテクニックとバスケIQの高さを生かしたもの。彼自身も「僕のプレースタイルなら、今の体型をキープできていればまだまだ平均20得点、10リバウンドという数字を残せると思う。年齢を重ねても、競争やワークアウトは好きだし、努力する過程を楽しむこともできている。これからもずっと、チームの大黒柱であり続けたいんだ」と、まだまだ第一線で戦い続けるつもりだ。

シーズン終了から代表活動のスタートまで、今年は珍しくまとまったオフがあるものの、ファジーカスは次の戦いに向けた準備に余念がない。「この夏に、みんながよく知っているいつものニックに戻る。ベストプレーヤーとして、チームをリーグベストに導くための大事な期間となる」

「Bリーグで優勝し、天皇杯も少なくともあと1回は優勝しないと引退はできないよ」と頼もしい言葉を語るファジーカス。日本代表と川崎のエースとして、その威光は衰え知らずだ。

RECOMMEND