[Bリーグ プレビュー第13節]vol.2 名古屋D対SR渋谷、重点強化選手による各ポジションの『ガチンコ』マッチアップに期待

2016/12/16
Bリーグ&国内
137

文=バスケット・カウント編集部

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
西地区2位 13勝10敗(直近6試合の成績:●●○○●○)

サンロッカーズ渋谷
中地区2位 12勝11敗(直近6試合の成績:○○●●○●)

重点強化選手たちのパフォーマンスに注目

地区2位同士の対戦。マッチアップが予想される張本天傑vs満原優樹、中東泰斗vs広瀬健太、笹山貴哉vsベンドラメ礼生の日本代表重点強化選手対決が見所となる。チームの勝敗はもちろんだが、今後の日本代表選考レースという意味でもお互いに負けられない。ここ6試合で3勝3敗とイマイチ波に乗れていない両チームだが、今後の調子を占う大事な一戦となるに違いない。

12月17日(土) 14時00分試合開始@愛知県体育館
12月18日(日) 14時00分試合開始@愛知県体育館


秋田ノーザンハピネッツ
東地区6位 6勝17敗(直近6試合の成績:○○○●●●)

新潟アルビレックスBB
中地区4位 12勝11敗(直近6試合の成績:●●○●○○)

強力インサイド陣の攻略が求められる秋田

新潟は1試合平均20.9得点のダバンテ・ガードナーが得点ランキング2位につけ、23試合で48ブロックショットのクリント・チャップマン(18.3得点で得点ランキングは6位)がブロックショットランキングで1位とインサイド陣が強力だ。12月に挙げた3勝のうち4点差での勝利が1回、1点差の勝利が2回と接戦での勝負強さが際立っている。2位から4位までの3チームが12勝11敗で並ぶ混戦の中地区、タフな地区から抜け出すために連勝を目指す。

12月17日(土) 18時00分試合開始@CNAアリーナ★あきた
12月18日(日) 14時00分試合開始@CNAアリーナ★あきた


千葉ジェッツ
東地区3位 16勝7敗(直近6試合の成績:○○○○○○)

富山グラウジーズ
中地区6位 3勝20敗(直近6試合の成績:●●●●○●)

絶好調の千葉に対し、富山は出だしに注意が必要

千葉は11月に入ってから無傷の11連勝と絶好調。ヒルトン・アームストロングがチームにフィットしたことで攻守の軸となり、富樫勇樹、小野龍猛、石井講祐といった主力が持ち味を存分に発揮している。リーグワースト勝率の富山には分が悪いが、前節は城宝匡史が通算7000得点を達成して連敗を止めている。序盤に先行される展開が多い富山にとっては、まず試合の入り方が重要となる。

12月17日(土) 16時00分試合開始@船橋アリーナ
12月18日(日) 16時00分試合開始@船橋アリーナ