B1第11節のファンタジーポイントランキング、驚愕のスタッツでチームを勝利に導いたあのビッグマンが1位に!

B1第11節のファンタジーポイントランキング、驚愕のスタッツでチームを勝利に導いたあのビッグマンが1位に!

2022/12/15 18:15

試合結果

Bリーグ

ドコモスポーツくじへの参加はこちらから

活躍選手

B.LEAGUE#LIVE2022 第11節 1st&2ndチーム

Bライブ

第11節の1stチーム。ポイントガード枠は名古屋ダイヤモンドドルフィンズの齋藤拓実が受賞。2ndチームに選出されたことはあったが、今回が初めての1stチーム選出となった。シューティングガード枠は、三遠ネオフェニックスの佐々木隆成が第7節ぶりに1stチームに選出された。チームは敗戦となったものの、得点にアシストにとチームの要として大活躍した。スモールフォワード枠はこちらも初選出となった横浜ビー・コルセアーズのデビン・オリバー。19得点11リバウンドと久々のダブル・ダブルで、欠場者の多いチームを引っ張った。パワーフォワード枠は、群馬クレインサンダーズのマイケル・パーカー。こちらも初選出となるが、ベテランらしい勝負強さを見せてチームを勝利に導いた。センター枠は、新潟アルビレックスBBのコフィ・コーバーン。圧巻のスタッツを残して、こちらも初めての1stチーム選出となった。なんと今節は4人が初選出。ハードスケジュールの煽りか欠場者なども多く、誰が活躍するのか予想のつかない面白さがある。

コフィ・コーバーン(新潟アルビレックスBB)
今節のB1ファンタジーポイントランキング全体1位はコーバーンに。18得点に加えてスティールとブロックでもスタッツを挙げたが、なんといっても驚異の24リバウンドでインサイドを支配した。アウトサイド陣との連携も試合を重ねるごとに良くなってきている。ケヴェ・アルマとともに、ほぼフル出場でチームを引っ張らないといけない厳しい状況の中、しっかりと期待に応えてチームを勝利に導いた。

スティーブ・ザック(秋田ノーザンハピネッツ)
17得点19リバウンド8アシストとあわや2試合連続でトリプル・ダブルに迫ったザックが、今節のB1ファンタジーポイントランキング全体2位に。センターでありながら、トップやハイポストからアシストを量産し、今や秋田のオフェンスの幅を広げる武器となっている。また、数字に表れないディフェンスやスクリーナーとしての貢献も大きい。ケレム・カンターの欠場が続くが、チームは上向きと言っていいだろう。

齋藤拓実(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
主力の欠場により、今節の齋藤に掛かるウエイトは大きかった。試合こそ広島ドラゴンフライズに惜敗したが、期待に応える活躍で、今節のB1ファンタジーポイントランキング全体3位、日本人選手1位に。3ポイントシュートを高確率で成功させてシーズンハイの25得点をマークした他、4スティールを記録しスティールランキング10位に浮上。アシストランキング2位、3ポイントシュートランキング1位と、スタッツランキングの常連となっている。

Bライブ

佐々木隆成(三遠ネオフェニックス)
シーズン平均を上回る20得点7アシストで、今節のB1ファンタジーポイントランキング日本人2位となった佐々木。また、7アシストはシーズンハイ(タイ)の数字だ。前節から続けて21得点と好調を維持しており、ディフェンススタッツの1スティール2ブロックも光る。チームは連敗が続き苦しい状況ではあるが、B1の舞台でも十分に主力級の活躍ができることを証明し続けている。

森井健太(横浜ビー・コルセアーズ)
敗戦となったものの、河村勇輝の欠場をしっかり埋めて勝利まであと一歩のところまでチームを引っ張ったキャプテン。ゲームコントロールやディフェンスなどスタッツに残らない貢献度も高い選手ではあるが、今節は10得点9リバウンド8アシストとトリプル・ダブルに迫る高スタッツを叩き出した。河村に目が行きがちではあるが、IQの高い森井のプレーにも注目して欲しい。

マイケル・パーカー(群馬クレインサンダーズ)
驚異の41歳、パーカーがB1ファンタジーポイントランキング全体5位に。19得点9リバウンドに加えて、5スティールとスタッツを荒稼ぎし、群馬のトランジションバスケを支える選手として、なくてはならない存在感を示した。7試合連続で2桁得点を挙げるなど安定感のある活躍を見せている。ファンタジーポイントには加味されないが、フィールドゴールを100%で成功させた。

B1&B2 ファンタジーポイントランキング

Bライブ

推し選手を選んで「B.LEAGUE#LIVE2022」で遊ぼう

RECOMMEND