[CLOSE UP]折茂武彦(レバンガ北海道)プロ選手としてこだわるのは『目の前の一勝』、記録はあくまで通過点

2016/11/29
Bリーグ&国内
209

文=鈴木健一郎 写真=B.LEAGUE

「得点だけ重ねるということにあまり意味を感じていません」

昨日の千葉ジェッツ戦で、国内トップリーグにおける通算得点を9000に乗せたレバンガ北海道の折茂武彦。前人未踏の記録を達成した『レジェンド』だが、記録はあくまで通過点と考えており、プロ選手として『目の前の一勝』にこだわる意識が先に来る。

試合後、ファンに向かってマイクを握った時も、会見場で報道陣と向き合った時も、折茂は記録より敗れた試合について先に触れている。「残念ながら内容のない試合になってしまいました」と試合を振り返り、勝利を届けられなかったことをファンに詫びた。

折茂の代名詞とも言うべき3ポイントシュートで通算9000得点を達成したが、本人によれば「狙っていたわけではなく、前日3ポイントの試投数が少なかったので打ちにいった」とのこと。

周囲の祝福ムードに照れ笑いこそ浮かべるものの、本人は記録達成をクールに受け止めている。「昨年大きなケガをしたので時間がかかってしまいましたが、一つひとつの積み重ねが大事であり、得点だけ重ねるということにあまり意味を感じていません」

「数字を残すことが目的ではなく、チームの勝利に貢献することだと思っています。記録は終わった後に振り返るものですので、目標を定めず、1試合1試合を常に全力で取り組んでいきたいと思います」

川崎を筆頭に強豪との対戦が続くオーバーカンファレンス

ちなみに、折茂が通算7000得点を記録したのは2011年11月5日のこと。8000得点は2013年3月2日だった。7000点から8000点まで積み上げるのに1年半を要したのに対し、今回は3年半かかっている。ケガもあって得点のペースは落ちたが、今シーズンの折茂は老いを感じさせない。先の計算をすることなく目の前の試合に集中することで、プロ野球の山本昌、Jリーグの三浦知良と同じ高みにまで達するかもしれない。そんな気さえ起こさせる。

とはいえ、折茂自身にそんな思いはないのだろう。今日が休養メインで過ごし、明日だけが練習日、木曜には川崎に移動して金曜に試合。そこに向けて意識はもう切り替えられているはずだ。

変則日程の多い北海道。今週は月曜にホームゲームがあり、金曜には次の試合が控えている。中3日でNBL王者の川崎ブレイブサンダースと敵地で戦い、以後は名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、アルバルク東京とBリーグで結果を出している旧NBL勢との対戦が続く。北海道にとっては厳しい日程だが、いずれにしてもどこかで『BREAK THE BORDER』しなければ下位からは抜け出せない。

折茂の記録達成とオーバーカンファレンス開始、さらには西川貴之と牧全の復帰。この3つのいずれかを浮上のきっかけにしたいところだ。

折茂武彦 通算9000得点までの道のり
 93-94    10試合    193得点
 94-95    16試合    233得点
 95-96    16試合    229得点
 96-97    15試合    283得点
 97-98    16試合    339得点
 98-99    16試合    318得点
 99-00    16試合    340得点
 00-01    21試合    418得点
 01-02    17試合    345得点
 02-03    21試合    434得点
 03-04    28試合    632得点
 04-05    28試合    382得点
 05-06    26試合    235得点
 06-07    24試合    233得点
 07-08    34試合    556得点
 08-09    35試合    478得点
 09-10    41試合    603得点
 10-11    35試合    615得点
 11-12    41試合    665得点
 12-13    41試合    564得点
 13-14    37試合    318得点
 14-15    54試合    360得点
 15-16    13試合    50得点
 16-17    19試合    185得点
  合計 618試合    9008得点