ドレイモンド・グリーン「もしプレーオフでサンダーに負けていたら、デュラントはウチに来なかった」

2016/11/26
NBA&海外
180

写真=Getty Images

デュラント獲得の意味でも勝たなければいけなかった

今夏の移籍市場の目玉だったケビン・デュラント。ウォリアーズとの契約は大きな驚きを呼んだが、新シーズンが開幕して試合を重ねる中で、その衝撃も薄らぎつつある。

ここであらためて、昨シーズンの西カンファレンス決勝を思い出してみたい。デュラントを擁するサンダーはウォリアーズ相手に先行し、第4戦を終えた時点で3勝1敗と王手をかけた。圧倒的にサンダー有利の状況である。それでも、追い詰められたウォリアーズは第5戦から3連勝をやってのけ、2年連続でのNBAファイナルに進出した。

デュラントを熱心に勧誘し続けたドレイモンド・グリーンは、『The Vertical』のポッドキャスト番組内でサンダーとの戦いを振り返り、「あそこでサンダーに負けていたら、ケビンがウチに加入する可能性はなかった。そういう意味でも余計に刺激になったよ」と語る。

逆を言えば、もしウォリアーズがキャブズをあっさり下して2連覇を達成していたら、オフシーズンにチーム改革が必要とは考えなかったかもしれない。お互いに苦痛を強いられる経験をしたことで、ウォリアーズとデュラントが持つピースが合わさった。

昨シーズンのプレーオフで激闘を繰り広げたカリーとデュラント。ウォリアーズの勝利が現在のスーパーカルテットを作る要因となった。