攻略のカギは『JB封じ』! チーム一丸の京都ハンナリーズが首位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズを破る

2016/11/06
Bリーグ&国内
145

文=大島和人 写真=B.LEAGUE

キャプテン佐藤が身体を張ったプレーで流れを呼び込んだ京都

名古屋ダイヤモンドドルフィンズは9勝3敗で中地区1位、週明けに招集される日本代表に張本天傑、中東泰斗、笹山貴哉の3名を送り込むこともあり勢いに乗っている。第6節まで4勝8敗と苦しんでいた京都ハンナリーズにとって、決して分がいい相手ではなかった。しかし11月5日のホーム戦では、京都が見事な戦いで名古屋に先勝している。

前半を終えてのスコアは35-39の4点ビハインド。京都は名古屋の『JB』ことジャスティン・バーレルに手を焼いていた。約13分間のプレーで20ポイントを許すという、取られすぎの状況だった。

京都の浜口炎ヘッドコーチは「第3クォーターにキャプテンの(佐藤)託矢が身体を張って、エナジーを出して流れを持ってきた。後半はディフェンスを修正できたのが良かった」と振り返る。バーレルに対しても「ボールを中心に非常に激しくトラップに行った」。トラップとは文字通り攻撃をある方向、スペースに誘い込んで『罠』にハメるディフェンスの方法だ。

名古屋の中東は「JBのところへダブルチームに行って、そこで自分たちの動きがなくなった。自分たちの良さはボールムーブメントのできるオフェンスだと思うけど、ほとんどボールが動かないまま、シュートを打つことが多くなった」と振り返る。張本が「後半JBのインサイドにこだわりすぎた。周りの選手がどうゲームを作っていくかも考えていかないといけない」と反省するように、名古屋がバーレルへの依存を引きずりすぎたことで、流れは京都に移る。

第3クォーターに限るとバーレルは8分48秒のプレータイムで得点、リバウンドともに「0」だった。潰しどころを徹底した京都のディフェンスが功を奏し、京都が4点ビハインドから3点リードと試合をひっくり返す。

佐藤は198cm105kgの身体を張った奮闘と引き換えに、第3クォーター残り1分12秒でパーソナルファウル5つ(退場)となった。しかし第4クォーターは外国人選手の起用枠が「2」だったため、インサイドの不安もない。京都はホームアリーナの声援も受け、そのまま最後の10分も勢いを落とさず試合を進める。

シューター岡田優介の自負「自分が絶対取ってやる」

第4クォーターに8ポイントを挙げたのが岡田優介。3ポイントシュートの名手が、勝負どころで持ち味を見せた。岡田は残り5分44秒でこの日3本目の3ポイントシュートを決めてリードを9点差(68-59)に広げると、残り2分55秒にも再び名古屋を73-66と突き放す3ポイントシュートを決める。

岡田は残り2分55秒で決めたシュートについてこう説明する。「京都のオフェンスが3回連続で失敗して、10点くらいあった点差を4点差まで追い上げられた。ここが一番大事な時間帯だと思った。ここで3ポイントを決めれば、ズシンと来ると思った」

岡田は「ここで決めたら、というところは逃さないようにしている。そこでは絶対強気に行きますし、自分が絶対取ってやるんだという気持ちでプレーしている」という強気のシューターだ。この場面も「自分の点が取れるプレーをコールしてくれ」という意図をポイントガードに伝えていたという。

勝負どころで名古屋にトドメを刺した京都がそのまま81-73で逃げ切り、今季2度目の連勝を飾っている。

試合全体を振り返ると京都がリバウンドで圧倒し、46対22という大差をつけた。特にオフェンスリバウンドは16対6と京都が圧倒している。京都の村上直は「チームオフェンスができてきて、みんながどのタイミングで打つとかも分かっている。だからリバウンドが飛び込みやすい。ボールがよく流れているので良いリバウンド、良いディフェンスにつながっている」と、その理由を説明する。

体格、アスリート能力を素直に比べれば名古屋が上回る。しかし京都はこの試合、攻撃のイメージをチーム全体で共有していた。だから仮にシュートが落ちたとしても、仲間がいいタイミングでゴール下に詰められる。まさに『チーム力で制した』リバウンド争いだった。

もちろん「まずはボールへの執着心とエナジーがあった」(浜口ヘッドコーチ)というメンタル面も無視できない。先週の日曜に大阪エヴェッサとのオーバータイムまでもつれ込む激闘を93-86で制し、苦しい連敗を「6」で止めた余勢もあっただろう。情熱と知略の噛み合った、京都の快勝だった。