ペリカンズがサンズに続きレイカーズも撃破して西の10位に浮上、ブランドン・イングラム「みんなが勝利に貢献していた」

ペリカンズがサンズに続きレイカーズも撃破して西の10位に浮上、ブランドン・イングラム「みんなが勝利に貢献していた」

2022/02/28 18:00
ブランドン・イングラム

28点差をつけての勝利はフランチャイズ記録に

現地2月25日にサンズを下したペリカンズは、27日に行われたレイカーズ戦でも123-95で快勝し、2連勝をマークしている。

第1クォーターこそ24-20と拮抗したが、ペリカンズはスピードを生かしたバスケットでチーム全員でバランス良く得点を重ねていき、51-40とリードを広げて前半を終えた。後半に入ってもペリカンズの勢いは止まらず、最終的に28点差での快勝を収めた。ペリカンズにとって28点差の勝利はフランチャイズ史上最大で、2018年2月にレイカーズを139-117で下した時を上回る記録となった。

この試合でレイカーズはレブロン・ジェームズが32得点6リバウンド3アシスト2スティール2ブロックと攻守に奮闘したが、他に2桁得点を挙げたのはラッセル・ウェストブルックの16得点とカーメロ・アンソニーの13得点のみだった。

一方のペリカンズはCJ・マッカラムが3ポイントシュート4本成功を含む22得点、ブランドン・イングラムとヨナス・バランチュナスがともに19得点を挙げた。彼ら3人を含む先発全員が2桁得点を記録し、ベンチから出場したデボンテ・グラハムが12得点と計6選手が2桁得点を記録するバランスの良さを見せた。

敗れたレイカーズの指揮官フランク・ボーゲルは「CJとBI(イングラム)、そしてヨナスはすごかった。特にBIは彼らにとてもよく合っていると思う。あと、CJがポイントガードを務めるようになったことがチームに利益をもたらしている」とペリカンズの戦いぶりを称えた。

イングラムは「オフェンスでもディフェンスでも、みんなが絡んでプレーできると、いつだって楽しいんだ。僕たちはただ楽しんで、正しい方法でゲームをしていた。今日はみんなが勝利に貢献していたね」と振り返った。

ここ10試合の戦績を6勝4敗としているペリカンズは、シーズン戦績を25勝36敗とし、トレイルブレイザーズを抜いてプレーイン・トーナメント進出枠の西カンファレンス10位に浮上した。

RECOMMEND