バスケ日本代表の活動に完全密着する『INSIDE AKATSUKI』、面白くて愉快なだけじゃない! みんなから信頼を得る三好南穂の魅力

2022/02/07 23:00

『INSIDE AKATSUKI』は、日本代表スタッフが収録した、バスケットボール日本代表の選手たちの『ありのままの姿』を見ることができる映像コンテンツ。今シリーズでは、女子ワールドカップ予選に向かう女子日本代表の裏側を連日伝えている。

2月3日公開の『INSIDE AKATSUKI』のサムネイル画像を本橋菜子、三好南穂、宮崎早織のガード陣を起用したところ、コメントが殺到したと『中の人』が明かすと、3人は「やっぱ求められているんだよ、みんなに」とご満悦の様子。そんな愉快な会話から始まる日本代表合宿21日目。

恩塚亨ヘッドコーチは、この日のミーティングで『記憶』について選手に伝えている。恩塚コーチによると「人間は20分後には記憶したことの42%を忘れる」とのこと。そのため「こうやって戦っていこうというビジョンがあるけど、忘れてしまうから声を掛け合っていこう」と試合中でも声を掛け合っていくことの大切さをあらためて語った。

昼食タイムには近藤楓選手が、鰻の蒲焼きを芯にして作った卵焼き『う巻き』の食レポに挑戦。「柔らかくて卵の味がしっかりしています」とのことだが、肝心の鰻についてはノーコメント。中の人から突っ込まれると「う巻きって、うなぎの卵焼きなん?」と驚いた様子。そんな近藤に対して、髙田真希が食レポのお手本を見せることに。髙田によると『食レポする物を見せる→匂いを嗅ぐ→いただく』の流れでコメントを入れていくのが良いらしい。

この『INSIDE AKATSUKI』でも三好の愉快な人柄は前面に出ているが、同じトヨタ自動車アンテロープスに所属する馬瓜ステファニー曰く「みなさんが思っている以上に面白い人」とのこと。しかし先日に続き、三好はそれ以外のコメントを求めている。『中の人』から『コートでは見えないサンさん(三好)の魅力』を問われたステファニーと山本麻衣だが、「魅力がないわけじゃない」と言いつつも、なかなか答えが出てこず。三好本人から「お昼の間に魅力を考えておくように」と課題が出された。

夕食時、ステファニーは三好からの課題に対して、「サンさんは誰に対しても同じで一貫性のある人だから、誰からも信頼を得ている。常に信頼できる」と語り、他のチームメートも三好の魅力を語った。

バスケットボール日本代表公式Twitter
https://twitter.com/JAPAN_JBA
日本バスケットボール協会(JBA)公式Twitter
https://twitter.com/JAPANBASKETBALL
日本バスケットボール協会(JBA)公式Instagram
https://www.instagram.com/japan_basketball/
日本バスケットボール協会(JBA)公式TikTok
https://www.tiktok.com/@jba_official
日本バスケットボール協会(JBA)公式LINE
https://page.line.me/japanbasketball
日本バスケットボール協会(JBA)公式Facebook
https://www.facebook.com/JAPANBASKETBALL

RECOMMEND