ヒートで2度のNBA制覇を成し遂げたマリオ・チャルマーズ、古巣での復帰に「戻ってくることができて本当にうれしい」

ヒートで2度のNBA制覇を成し遂げたマリオ・チャルマーズ、古巣での復帰に「戻ってくることができて本当にうれしい」

2022/01/08 13:02
マリオ・チャルマーズ

アキレス腱断裂を乗り越え海外リーグ、Gリーグを経てNBAに復帰

ヒート時代に2度の優勝を成し遂げたポイントガードのマリオ・チャルマーズが、昨年末に古巣と10日間契約を結んだ。

NBAは新型コロナウイルスの影響で健康安全プロトコル入りする選手が続出している状況を考慮し、ロスターを埋めるため代替選手との10日間契約を特例で認めている。この救済措置によりNBA復帰のチャンスを得たベテランも少なくなく、チャルマーズもその一人だ。

2016年3月に右足のアキレス腱を断裂する重傷を負ったチャルマーズは、キャリアを左右するほどの大ケガから復帰。2017-18シーズンを最後にNBAではプレーしていなかったが、この4年間はイタリア、3x3リーグの『BIG3』、ギリシャ、プエルトリコのチームを渡り歩き、昨年12月にGリーグのグランドラピッズ・ゴールドと契約した。ラスベガスで開催されたGリーグのウィンターショーケースでの2試合で平均8.5得点、3.0アシストを記録したパフォーマンスがヒートのアシスタントGMの目に留まり、約6年ぶりのヒート復帰が決まった。

チャルマーズは『The Undefeated』とのインタビューで「戻れたことが何より」と語っている。「アキレス腱のケガもあって、海外で何年かプレーして、アメリカとは異なるバスケットボールを体験した。自分がキャリアを始めた場所、そして自分の居場所に戻ってくることができて本当にうれしい」

NBAチームからオファーが届かず気落ちしていた時期を経験したというチャルマーズは、海外リーグでファンの声援を受けて元気を取り戻したという。それでもNBA復帰をあきらめきれず、昨年アメリカに戻った。

ヒートから10日間契約を打診されたのは叔母の葬儀を終えた後で、塞ぎ込んでいたチャルマーズ一家にとって明るいニュースだった。契約を提示された直後には、旧知の間柄である球団社長のパット・ライリーから「準備はできているか? ヒューストンに来い」という短いテキストメッセージが届いたという。

しかし、契約締結後にプレータイムを得られていないチャルマーズは、このまま現地1月9日に契約期間を満了して退団する可能性があることも理解している。2回目の10日間契約がオファーされるかどうかは、プロトコル入りしている選手の状況にもよるだろう。

そのため、チャルマーズは「これからどうなるかは分からない」と言う。「もう一度10日間契約を結びたいし、今シーズン終了までの契約を勝ち取りたい。大事なのはプレーし続けること。どうなるかは皆目検討もつかない」

それでもチャルマーズは、チャンスを与えてくれたヒートへの感謝を口にしている。「カムバックの機会、またファンから愛情を注いでもらえる機会を与えてくれた球団に感謝している。まだホームゲームはないけど、ヒートファンから『おかえり!』と言ってもらえているからね」

ロード遠征中のヒートがホームに戻るのは、現地1月14日。2回目の10日間契約をチャルマーズに提示するかどうか、ヒートの決断に注目したい。

RECOMMEND