サイズとフィジカルの差を埋められなかった3x3男子日本代表、勝負どころのミスも響きROCに力負け

サイズとフィジカルの差を埋められなかった3x3男子日本代表、勝負どころのミスも響きROCに力負け

2021/07/26 16:46
保岡龍斗

アイラが奮闘も疲れが見えた終盤に大きく失速

3人制バスケットボール『3x3』は予選プール3日目を迎えた。数時間前に優勝候補筆頭のセルビアに完敗を喫した3x3男子日本代表は、2試合目にROCと対戦した。

リング付近のシュートを決めきれない日本に対し、セットプレーからイージーシュートに繋いだROCが先行する。それでも、フィジカルで負けていないアイラ・ブラウンが肉弾戦を制しゴール下でしぶとく得点し、保岡龍斗もディープ2ポイントシュートを沈めて5-5に追いついた。

しかし、試合巧者のROCは日本の弱点を的確に突いてくる。ズレを作り、富永啓生とセンターのマッチアップ生み出して容易にゴール下で得点を重ねれば、2ポイントシュートも正確に射抜いていく。身体を当ててゴールから遠ざけようとしても、フックシュートを決められてしまう。

ジリジリと点差が開いていったが、ここでアイラが奮起。巨漢センターとのマッチアップをスピードで制し、ドライブに豪快なダンクで得点。さらに2ポイントシュートも沈めて繋ぐと、富永も2ポイントシュートで続き、残り約2分で14-15と迫った。

だが、日本の追い上げもここまでだった。追い上げるために運動量を上げたことで全員がガス欠に陥り、この大事な場面でミスを連発してしまう。保岡とアイラは相手を抜くキレを失い、苦し紛れのパスをカットされた。また、富永もボールが手につかず、3連続でターンオーバーを犯してしまった。ターンオーバーから失点し、さらに集中力が切れてオフェンスリバウンドも連取されたことで勝機を逃した。

富永が終了のブザーと同時に2ポイントシュートをねじ込み、16-19で試合は終了となったが、スコア以上の差を感じさせる結果となった。

日本は1勝5敗となり、現時点で最下位に。試合数に差があるため順位が変動する可能性はあるが、明日の中国戦に勝利しなければ、グループリーグ敗退が決まってしまう。

RECOMMEND