バスケ男子日本代表、東京オリンピックを前に明日からフィリピンで開催される『アジアカップ2021予選』に挑む

バスケ男子日本代表、東京オリンピックを前に明日からフィリピンで開催される『アジアカップ2021予選』に挑む

2021/06/15 18:00
男子日本代表

フジテレビ地上波、BS、CSの3波連動放送!

バスケットボール男子日本代表は、明日6月16日からフィリピンで行われる『アジアカップ2021予選』に挑む。

この『アジアカップ2021予選』とは、東京オリンピック直後の8月17日から29日の日程でインドネシアのジャカルタで開催が予定されている『アジアカップ2021』の出場権をかけた予選で、本来であれば昨年2月に行う予定だったアジアカップ予選だが、新型コロナウイルスの影響で延期を繰り返し、ホーム&アウェーを取りやめてフィリピンでの集中開催へと方式を変更して、ようやく明日から行われることとなった。

日本代表は中国、チャイニーズ・タイペイ、マレーシアが属するグループBに所属。計2回の総当たりで上位2チームが本大会に出場し(マレーシアは新型コロナウイルス感染予防を理由に出場を辞退している)、各グループの3位は2次予選に進出して、その上位4カ国にも出場権が与えられる。

日本代表は昨年2月の中国とのホームゲームが延期になり、無観客試合となったチャイニーズ・タイペイ戦には96-57で勝利しているが、1試合を消化しただけとなっている。残る試合はフィリピンのクラークで、6月16日(水)15時半から中国、18日(金)15時半からチャイニーズ・タイペイ、19日(土)15時半に再び中国と対戦する(いずれも日本時間)。

日本代表の将来に繋がるアジアカップ予選だが、選手にとっては7月の東京オリンピックに向けたトライアウトでもある。八村塁や渡邊雄太がNBAで活躍する昨今だが、日本代表は2019年に中国で開催されたワールドカップは5戦全敗と世界との差を痛感させられた。その後はチャイニーズ・タイペイとのアジアカップ予選1試合を除いて対外試合ができていないため、このアジアカップ予選は東京オリンピックに向けても大事な前哨戦となる。コロナ禍でのシーズンをやり遂げた日本バスケット界の世界への挑戦に注目だ。

『アジアカップ2021予選』 大会日程と放送スケジュール
6月16日(水) 日本vs中国 15時半
ライブ放送、配信:CSフジテレビNEXT、DAZN
録画放送:フジテレビ(地上波)25:25〜

6月18日(金) 日本vsチャイニーズ・タイペイ 15時半
ライブ放送、配信:CSフジテレビNEXT、DAZN
録画放送:BSフジ 24:30〜

6月19日(土) 中国vs日本 15時半
ライブ放送、配信:CSフジテレビNEXT、DAZN
録画放送:フジテレビ(地上波)25:25〜

RECOMMEND