肉体改造を経て心の平穏を取り戻したジャリル・オカフォー、再出発に向け準備万端

2018/08/18
NBA&海外
4158

ジャリル・オカフォ―

写真=Getty Images

2015年のドラフト3位選手、心身ともに生まれ変わる

プロアスリートにとって、メンタルの状態はフィジカルと同様に、もしくはそれ以上にパフォーマンスに影響を与える。昨シーズン中、NBAではデマー・デローザンがうつ病との闘い、ケビン・ラブがパニック障害に苦しんだ過去を明かした。現役トップ選手の告白は周囲を驚かせたが、彼らは同じ苦しみを抱えるアスリートの助けになると考えたからこそ、事実を打ち明けた。

NBAで再起を図ろうとするジャリル・オカフォーも、精神的な苦しみを抱えていた。Instagramにオフ中の肉体改造の成果を表す画像を投稿したオカフォーは、トレーナーへの感謝を綴るとともに、これまでの苦悩を告白した。

「自分は身体も大きいし、職業柄、周りから凝り固まった見方をされてしまうことが多い。でも、僕だって他の人と同じような苦しみを抱えている。心の病に関する意識は、残りの人生をかけて自分が向き合わないといけないことだ。今もし苦しんでいる人がいたら、恐れず周りに話して、助けを求めるべきだ」

2015年のドラフト全体3位でセブンティシクサーズから指名されたオカフォーは、1年目に平均17.5得点、7.0リバウンドという上々のNBAデビューを果たしたものの、2年目には出場機会が激減し、昨シーズン開幕後ネッツにトレードされた。だが、再スタートを試みたネッツでも結果を残せず、このオフには中国リーグ移籍の噂も流れた。8月に入りペリカンズとの契約がまとまったが、アンソニー・デイビスとジュリアス・ランドルのバックアップという役割を受け入れ、再起のチャンスを手にした。

オカフォーは投稿の最後に、自分が抱えていた問題に気づくきっかけを与えてくれたラブに感謝するとともに、「シーズンオフもあと6週間。まだまだやることが多いよ!」と、新シーズンへの意気込みを綴った。

自分の弱さを打ち明けることで心の平穏を取り戻し、心身ともに生まれ変わったオカフォーが、勝負の4年目に挑む。

My summer of transformation: First off I want to thank @idanwan & @dzandertraining for getting after it with me the moment my season ended. Grateful to have two of the best in their respective fields work with me all summer. Although the physical changes in this photo are evident, their has been extreme growth unbenounced to the eye. I’ve learned how to identify and manage different stressors such as anxiety. Learning how to identify certain stressors has also allowed me to over come them. Often times because of my size and profession people may view me in a certain way, but in reality I deal with the same struggles as countless others. Mental health awareness is a cause I will fight for the rest of my life and if you’re struggling today don’t be afraid to speak with someone and seek help. I would like to thank @kevinlove and the @playerstribune for helping me identify my feelings and informing me what I was dealing with was in fact normal. 6 weeks left in the off season; with a lot more work to do!

Jahlil Okaforさん(@jah8)がシェアした投稿 -